NEW

JRA 2歳女王「最後の仔」が9馬身差レコードタイのド派手デビュー! 「いい勝ち方でした」コロナ禍に現れた「世界平和」の象徴再び

【この記事のキーワード】, ,

JRA 2歳女王「最後の仔」が9馬身差レコードタイのド派手デビュー! 「いい勝ち方でした」コロナ禍に現れた「世界平和」の象徴再びの画像1

 29日、新潟競馬場で行われた6Rの新馬戦(ダート1200m)は、6番人気のインコントラーレ(牡2歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が2着馬に9馬身差をつけて勝利。2002年の2歳女王ピースオブワールドの仔がド派手なデビューを飾った。

「いいスピードがありますね」

 鞍上の三浦皇成騎手の言葉通り、スピードの絶対値が違い過ぎた。

 スタート直後にあっさりとハナに立って主導権を握ったインコントラーレに対して、各馬も必死に食らいつく。しかし、インコントラーレの行き脚はまったく衰えることなく、逆に4コーナーから直線入り口で後続をスッと突き放すと、あとはワンサイドゲーム。ダート1200mの短距離戦だったが、最後は9馬身差という大差をつけてゴールした。

「めちゃくちゃ速かったですね。ゲートの出は普通でしたが、そこからのダッシュ力は一級品。レース後、三浦騎手が『物見が凄くて……オフになると一気に周りを気にするので、やめさせないように乗った』と話していた通り、最後の直線で抜け出してからもしっかりと追われていましたが、勝ち時計の1:11.1はこのコースの2歳レコードタイ。

それもナムラビームがレコードを記録した当時が時計の出やすい不良馬場だったことに対して、この日は良馬場でしたから、より価値があると思います。現時点の同世代の中で非凡なスピードを秘めていることは間違いなさそうです」(競馬記者)

 また、インコントラーレの母は2002年に阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制したピースオブワールド。レース後、菊沢調教師が「最後の仔です」と話していた通り、すでに繁殖生活を引退しており、マクフィ産駒の本馬が最後の仔となる。

「インコントラーレの母ピースオブワールドは4連勝で阪神JFを制した2歳女王。クラシック開幕前は当然の大本命でしたし、三冠を期待する声があったほどの大器でした。しかし、桜花賞(G1)前の2月に骨折……その後は、本来の姿を取り戻せないまま引退しました。

馬名の由来は、飯田正オーナーが渡米していた時に、アメリカ同時多発テロ事件を経験したことから『世界の平和』を願ったもの。世界からコロナ禍に苦しんでいる最中ですから、ピースオブワールドの最後の仔が新馬戦を大勝したことは、何か運命のようなものがあるかもしれません。

新潟のダート1200mは芝スタートなのが特徴。スタートからのダッシュは群を抜いていましたし、あれなら母同様、芝でもやれるんじゃないでしょうか」(同)

 レース後「性格的には素直でオン、オフがあって普段は落ち着いている」と菊沢調教師が言えば、三浦騎手も「いい勝ち方でした」と高評価。2歳女王の最後の傑作が母の無念を晴らすような活躍となるか期待したい。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA 2歳女王「最後の仔」が9馬身差レコードタイのド派手デビュー! 「いい勝ち方でした」コロナ禍に現れた「世界平和」の象徴再びのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?