NEW

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」の画像1

 29日、札幌競馬場で行われたキーンランドC(G3)は、3番人気のレイハリア(牝3歳、美浦・田島俊明厩舎)が怒涛の4連勝。狙い通りの賞金加算に成功し、秋のスプリンターズS(G1)の有力候補に浮上した。

 この夏、例年以上の旋風を巻き起こしているのが、3歳牝馬だ。

 特にサマースプリントシリーズとなる短距離重賞では、アイビスサマーダッシュ(G3)をオールアットワンスが制したことを皮切りに、先週の北九州記念(G3)で九州産馬のヨカヨカが地元Vを達成。そして、極めつけがキーンランドCを勝ったレイハリアというわけだ。

 また、彼女たちの代表格となる桜花賞馬のソダシも古馬を相手に札幌記念(G2)を制覇。斤量面のアドバンテージは然ることながら、今年の3歳牝馬は例年以上のハイスペック揃いだ。

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」の画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 その一方、そんなトレンドに乗り切れなかったのが、この日のキーンランドCで1番人気に推されながらも7着に敗れたメイケイエール(牝3歳、栗東・武英智厩舎)ではないだろうか。

「3歳牝馬がすごいね。それに乗りたいよね」

 レース前そう話していたのが、まさにメイケイエールの主戦・武豊騎手だった。自身の公式ホームページでも「3歳牝馬の大活躍が話題を集めています」と綴り、「今週、その流れをメイケイエールも引き継ぎたいものです」と悩めるパートナーとの復活を誓っていた。

 しかし、ゲートこそ無難に出て好位を取ることに成功したメイケイエールだったが、好スタートを決めたレイハリアが内に切れ込む際に目の前を通ると、一瞬で我を失った。頭を高く上げると、武豊騎手の制止も空しく暴走気味にハナへ……。

 先頭に立ってからは落ち着いたようにも見えたが、最後の直線では本来の伸びを欠いて7着に沈んだ。

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは