NEW

パチンコ「一撃22連チャン」の超ラッシュに大興奮!【レトロパチンコ『CRシャカRUSH 』編】

【この記事のキーワード】,

パチンコ「一撃22連チャン」の超ラッシュに大興奮!【レトロパチンコ『CRシャカRUSH 』編】の画像1

 過去には激しい連チャン性とエラーによる攻略法で大人気となった権利物の『ソルジャー』(1993年)や1/53という破格の大当り確率である意味『甘デジ』の元祖とも言えるデジパチ『ファンキードクター』(1995年)など、個性的なパチンコ台を多く生み出してきた老舗のマルホン工業。

 最近では6月に『P天龍∞2V』をリリースしたばかりですが「マルホンの代表機種って何だろう?」と思った時、最初に浮かぶのが『シャカラッシュ』シリーズだと思うのですが…他に何かありますかね?

 古いところであれば大ヒットしたハネモノ『ファインプレー』を思い浮かべる方も多いのかもしれません。こちらも1994年に登場して以降は、何年かおきに後継機種が登場していますからね。

 しかし2000年代以降では、やはり圧倒的にシャカラッシュではないかと思うのです。何せ継続して後継機種がリリースされ続けているのは、このシャカラッシュ以外にないのですから。

 その記念すべき最初の台が『CRシャカRUSH R』(2009年)。当時のマックスタイプで大当り後には必ず73回転のSTに突入。その大当り確率は約1/398ですが、私がよく打っていたのは約1/159のライト版『CRシャカRUSH G』の方。

 レトロ台が大好きな私はドットタイプの機種も大好物、そのうえ演出が非常にコミカルで楽しいものばかり、馬鹿馬鹿しくて笑える台でした。とは言え、その連チャン性も中々のもの。ライト版とは思えない暴れっぷりを見せました。

 その後も『CRシャカRUSH 7』、『CR大シャカRUSH』、『CR大シャカRUSH 7』、『CR超シャカRUSH』などの後継機種をリリース。他にもハネモノの『CRAシャカRAP V』やスピンオフとなる『CRシャカンナー』、権利物の『CRシャカリーナVV』などをリリースしています。

 まさかお釈迦さまも己がパチンコになるなんて思ってもみなかったでしょうけど、このシャカラッシュというネーミングが実に良いと思うんですよ。個人的には。

 今年の1月には最新機種となる『P真シャカRUSH』も登場していますが、それだけマルホンにとっても思い入れの強い機種なのだと思います。

 今回の主役『CRシャカRUSH』ですが、ただ単に会社から近いというだけで回らないホールで勝負して2万発GETした思い出もあります。今回は約10年ぶりくらいでしょうか、お相手がお釈迦さまだけに煩悩を断ち切るべくひと勝負してきました。

 すると《シャカラーーーッシュ♪》と一撃22連チャン! 良い写真が撮れました。無我の境地で挑んだのが良かったのでしょうか。しかし、実際のホールで打つとそうそう上手くはいかないものです。摩訶不思議。

 シャカ⇒大シャカ⇒超シャカ⇒真シャカと来て次が何シャカになるのか気になって仕方ないのですが今日はこの辺で。

(文=電撃しらっち)
<著者プロフィール>
業界歴30年。遊技機販売業など様々な業種を経験し、現在はライターとしての活動にも力を入れている。レトロパチンコ・パチスロの実戦記事や、業界関係者への取材記事も担当。羽根モノや一発台を特集するなど、オールドファンにも響く内容も積極的に作成している。

【注目記事】

パチンコ【確変と通常を逆転】させた革新スペック!「天才的な発想」によって生まれた「驚愕のゲーム性」に脱帽!!

パチスロ出玉率100%オーバー「激甘マシン」が「再評価」!? 大負け「救済パターン」も多数

パチンコ「ヘソ通常=時短200回」で「突発時短」も完備! RUSH「ALL1500発×約80%継続」…演出も秀逸な注目マシン!!

パチンコ「一撃22連チャン」の超ラッシュに大興奮!【レトロパチンコ『CRシャカRUSH 』編】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合