NEW

JRA武豊「離脱濃厚」のメイケイエールはアストンマーチャンになれるのか。「こういう時は走るってユタカが」大逆転のスプリンターズS(G1)制覇へ問われる「厩舎力」と「代役騎手」

JRA武豊「離脱濃厚」のメイケイエールはアストンマーチャンに届くのか。「こういう時は走るってユタカが」大逆転のスプリンターズS(G1)制覇へ問われる「厩舎力」と「代役騎手」の画像1

「『こういう時は走る』ってユタカが言ってました」

 2007年のスプリンターズS(G1)。“自分探しの旅”に出ていたお転婆娘が、ついに「ベスト」にたどり着いた瞬間だった。

 小倉2歳S(G3)、ファンタジーS(G3)、そしてフィリーズレビュー(G2)と3歳春までに1400m以下の重賞を3勝したアストンマーチャン。そのスピードは誰もが認める一方、1600mになると阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)こそ2着だったが、桜花賞(G1)ではスタートから引っ掛かる気性面の脆さを露呈してしまい7着と大きく崩れた。

 そんなアストンマーチャンが出直しの一戦となったのが、1200mの北九州記念(G3)だった。桜花賞では、稀代の名牝ウオッカとダイワスカーレットの間に入る2番人気に推されたほどの逸材。単勝1.8倍にファンが込めた思いは、当然スプリント界のニューヒロインの誕生だった。

 しかし、結果は6着と期待を大きく裏切る結果に……。

 そんな状況で挑むことになった本番のスプリンターズSだったが、主戦の武豊騎手が同年の高松宮記念(G1)を勝ったスズカフェニックスを選択するなど、アストンマーチャンは崖っぷちの状況だった。

 ただ石坂正調教師ら陣営は、アストンマーチャンの可能性をまったく諦めてはいなかった。1日1本の坂路調教を2本に増やすなど、調教を強化して迎えた当日の馬体重+10kgは明らかに成長分だった。

 そんな陣営の尽力に天も味方した。レース当日は激しい雨に見舞われて典型的な不良馬場。ピッチ走法のアストンマーチャンにとっては、まさに絶好の馬場コンディションになった。

 そして、武豊騎手の代役として抜擢した中舘英二騎手と言えば「逃げ」で鳴らす名手。陣営が腹を括るには十分なお膳立てだった。

「駄目でもいいから内を回ってこい――」

JRA武豊「離脱濃厚」のメイケイエールはアストンマーチャンになれるのか。「こういう時は走るってユタカが」大逆転のスプリンターズS(G1)制覇へ問われる「厩舎力」と「代役騎手」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか