NEW

JRA池添謙一「代打成功」でも補欠扱いにサヨナラのチャンス! 武豊不在で舞い込んだメイケイエールの依頼、現役屈指の職人がレギュラーゲットに求められる条件

JRA池添謙一「代打成功」でも補欠扱いにサヨナラのチャンス! 武豊不在で舞い込んだメイケイエールの依頼、現役屈指の職人がレギュラーゲットに求められる条件の画像1
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 先週のキーンランドC(G3)で7着に敗れたメイケイエール(牝3歳、栗東・武英智厩舎)が、池添謙一騎手を新たな鞍上として、スプリンターズS(G1)へ向かうことが分かった。

 同馬は武豊騎手とのコンビで重賞3勝を挙げた一方で、その前進気勢の強さがウィークポイントともなっている。

「難しいですね。返し馬までは上手くいったのですが、輪乗りの時点で気が入りすぎていました。ゲートを出たので先行しましたが、4コーナーで手応えもない感じでした」

 レース後、武豊騎手がそう振り返ったほどの乗り難しさを見せていた前走の敗戦。折り合いに定評のある名手の手腕を以てしても、乗りこなすことはできなかった。

 大目標であるスプリンターズSに向けて、巻き返しが急務となるが、頼みの武豊騎手は同日にフランスで行われる凱旋門賞(G1)へ騎乗予定で不在。主戦騎手が騎乗出来ないメイケイエール陣営は窮地に陥った。

JRA池添謙一「代打成功」でも補欠扱いにサヨナラのチャンス! 武豊不在で舞い込んだメイケイエールの依頼、現役屈指の職人がレギュラーゲットに求められる条件の画像2

 そんな状況下、現役馬の中でも乗りこなすことが屈指の難易度であろう同馬の鞍上として、白羽の矢が立ったのは大舞台に強いことで知られる池添騎手だ。「代打騎乗」に定評のある騎手の確保に成功したことは明るい材料である。

 2019年のマイルCS(G1)では、主戦の福永祐一騎手が騎乗停止により鞍上が空席だったインディチャンプに代打騎乗した。
 
 直線でソラを使うなど癖のある馬ということで、テン乗りでは厳しいという声が多かったものの、好騎乗で見事1着へと導いた。

 音無秀孝調教師も「(池添騎手の騎乗は)満点でしたね。インディチャンプの今後のお手本になるような騎乗」と、手放しで褒めちぎったほどの完璧エスコートを披露している。

 また、記憶に新しいのは昨年の安田記念(G1)だろう。池添騎手は、このときは、主戦のC.ルメール騎手がアーモンドアイに騎乗する関係で鞍上が空席となっていたグランアレグリアの代役を任され、こちらも陣営からの期待に一発回答で応えている。

 大きなプレッシャーの懸かるG1の舞台でも、度胸満点の騎乗が出来る池添騎手のこういった“強心臓” ぶりが、武豊騎手の代打という大役ゲットの後押しをしたのだろう。

 だが、そんな池添騎手にもほろ苦い記憶がある。

JRA池添謙一「代打成功」でも補欠扱いにサヨナラのチャンス! 武豊不在で舞い込んだメイケイエールの依頼、現役屈指の職人がレギュラーゲットに求められる条件のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?