NEW

JRA「逆境」を跳ね返す力は現役屈指? 新潟記念(G3)「1番人気濃厚」ザダルの鞍上が急きょ「未定」にファンも混乱……ドタバタ劇の顛末とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「逆境」を跳ね返す力は現役屈指? 新潟記念(G3)「1番人気濃厚」ザダルの鞍上が急きょ「未定」にファンも混乱……ドタバタ劇の顛末とはの画像1

 5日、新潟競馬場ではハンデ重賞の新潟記念(G3)が行われる。

 57.5kgのトップハンデを課されたのは金鯱賞(G2)勝ちのギベオンに加え、ここで重賞2連勝を狙う古馬の2頭。函館記念(G3)を快勝したトーセンスーリヤと、エプソムC(G3)を制したザダル(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。

『netkeiba.com』の最新予想オッズで1番人気に支持されているのはザダルの方。トーセンスーリヤがこれに2番人気で続いている。

 ザダルの鞍上は、これまで10戦中5戦で手綱を取っている主戦の石橋脩騎手。しかし、2日夕方にJRAから出馬表が発表されるまで、ザダルの鞍上を巡ってちょっとしたドタバタ劇があった。

JRA「逆境」を跳ね返す力は現役屈指? 新潟記念(G3)「1番人気濃厚」ザダルの鞍上が急きょ「未定」にファンも混乱……ドタバタ劇の顛末とはの画像2

「週初めの想定段階で専門各紙は、ザダルの鞍上に『石橋脩』の名前を記していました。しかし1日の昼頃だったでしょうか、大手ポータルサイトの『netkeiba.com』でザダルの想定騎手が急きょ石橋騎手から『〇〇』に変更されたのです」(競馬誌ライター)

 1日といえば、JRAから丸山元気騎手の新型コロナ陽性が発表された日。先週末に丸山騎手と同じ新潟で騎乗していた57人の騎手がPCR検査を受ける事態となり、新たに江田照男騎手が陽性判定を受けたことも分かった。石橋騎手を含む他の56人は陰性だったという。

 石橋騎手の陰性、そしてザダルへの騎乗が分かるまでは、一部のファンの間で石橋騎手と丸山騎手の濃厚接触を勘ぐる声があったというわけだ。

「“元の鞘”に収まり、主戦の石橋騎手で新潟記念に向かうことになったザダルですが、実はデビュー当初からハプニングが多いことでも知られています」(同)

 2歳時の18年12月、デビュー戦を阪神で迎える予定だったザダルは、輸送する途中の車内で暴れてしまい、まさかの出走取り消し。結局デビューは約1か月ずれ込むことになったが、アクシデントを跳ね返して優勝している。

 さらにデビュー2連勝で日本ダービーへの最終切符を懸けて臨んだプリンシパルS(L)でも1つ前の10R直前に雷とともに大粒の雹が降り始め、レースがまさかの延期になるアクシデント。ザダルは改めて行われた翌週のプリンシパルSを制したものの、本番まで中1週というローテーションになってしまい、陣営は無理をさせず、ダービーを自重した経緯がある。

 デビューから約半年間で2度のハプニングを経験しながらも、いずれのレースもしっかりと勝ち切っているザダル。今回のコロナ感染に端を発した“ドタバタ劇”だが、むしろ燃える要素となるのかもしれない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA「逆境」を跳ね返す力は現役屈指? 新潟記念(G3)「1番人気濃厚」ザダルの鞍上が急きょ「未定」にファンも混乱……ドタバタ劇の顛末とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!