NEW

JRA クロノジェネシス、凱旋門賞出走日程に「勝つ気あるのか」と辛辣な声!? 過去の日本馬“好走パターン”と異なる点とは?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA クロノジェネシス、凱旋門賞出走日程に「勝つ気あるのか」と辛辣な声!? 過去の日本馬好走パターンと異なる点とは?の画像1

 来月3日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定のクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)の渡航スケジュールが明らかとなった。2日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが公表した。

 同馬は17日に栗東トレセンの検疫厩舎に移動。1週間後の24日に成田国際空港からシャルルドゴール空港へ渡る見通しだ。渡仏後は、シャンティイのパスカル・バリー厩舎へ滞在する予定だ。かつてヴィクトワールピサやキズナが過ごした地から日本競馬の悲願達成を目論む。

 しかし、今回のスケジュールについて、一部のファンを中心に「過密日程で勝てるほど海外は甘くない」、「やる気を感じない」と、辛口なコメントが相次いでいる。

 それもそのはずだろう。これまでに凱旋門賞を好走した日本馬へ当てはまる共通点は「前哨戦を走っている」だからだ。(06年3位入線のディープインパクトは失格のため除外)

 99年2着のエルコンドルパサーは、約半年を通じてフランスに滞在。イスパーン賞(G1)2着、サンクルー大賞(G1)1着、フォワ賞(G2)1着と転戦しフランスの競馬に慣れた状態で挑んでいた。

 10年2着のナカヤマフェスタと12年・13年2着のオルフェーヴルは同レースの前哨戦に位置づけられているフォワ賞を挟んで大一番に向かった。13年4着のキズナもフォワ賞と条件が変わらない3歳限定の前哨戦ニエル賞(G2)を使って本番へ駒を進めていた。

 ちなみにキズナと同じチーム・ノースヒルズで凱旋門賞へ出走予定のディープボンド(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)もフォワ賞を使うローテーションだ。

 もちろん、前哨戦へ出走しながらも本番で良い結果を出せなかった馬もいる。しかし、過去の結果から、日本馬が凱旋門賞本番で好成績を残すためには「前哨戦出走」が“最低条件”という傾向が出ていることは明らかだ。

 一方、クロノジェネシス陣営も無策ではない。一昨年に惨敗したフィエールマンとブラストワンピースの反省を生かし、2頭とは異なる調整を進めていく模様だ。

 特に2頭とクロノジェネシスの調整が違う点は、滞在場所をイギリスのニューマーケットからフランスのシャンティイに変更したことだろう。

 2頭の調整に帯同していたノーザンファーム天栄の木實谷雄太場長は、「改めて精査をして、この経験を次の機会に生かしたいと思っています」と、話しており今回その経験を生かしていくのではないだろうか。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA クロノジェネシス、凱旋門賞出走日程に「勝つ気あるのか」と辛辣な声!? 過去の日本馬“好走パターン”と異なる点とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!