NEW

JRA【京成杯AH(G3)展望】母仔BC制覇へ、グレナディアガーズに「取りこぼし」は許されない!? バスラットレオンは「落馬」以来のマイル戦でリベンジへ

JRA【京成杯AH(G3)展望】母仔BC制覇へ、グレナディアガーズに「取りこぼし」は許されない!? バスラットレオンは「落馬」以来のマイル戦でリベンジへの画像1

 12日、中山競馬場では京成杯AH(G3)が行われる。秋の開幕週に開催されるだけに、逃げ、先行馬が残りやすい。過去2年を見ても、馬券圏内の6頭はすべて4角3番手以内だった。今年も先行脚質の馬に注目すべきだろう。

 キャリア6戦のうち、デビュー戦を除く5戦で先行策を取っているグレナディアガーズ(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)。NHKマイルC(G1)以来となる実戦で、G1馬の実力を見せつけたい。

 勝ち上がりは3戦目とやや時間を要したが、未勝利戦、そして朝日杯FS(G1)を連勝。一気にスターダムにのし上がった。しかし、3歳初戦のファルコンS(G3)を取りこぼし2着に敗れると、NHKマイルCでも1番人気を裏切り3着。不完全燃焼のまま3歳春シーズンを終えた。

 古馬との初対戦でその真価が問われる。次走は11月に米国で行われるブリーダーズカップ(以下BC)マイルを予定。海外遠征に向けて、G3なら春のような取りこぼしは許されない。

 BC挑戦は母の存在も大きいだろう。カナダで生産された母ウェイヴェルアベニューは、米国で現役生活を送り、20戦7勝の成績を残した。15年には、ダート7FのBCフィリー&メアスプリントを勝利しており、グレナディアガーズには母仔BC制覇が懸かる。

 “壮行レース”に向けて仕上がりも順調のようだ。2日に行われた1週前追い切りは、栗東CWで6ハロン80秒8-12秒1をマークし、僚馬に先着した。復活勝利を挙げ、海外挑戦に弾みをつけたい。

 もう1頭の3歳馬バスラットレオン(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)も古馬とは初対戦。春の悔しさを胸にマイル重賞2勝目を狙う。

 重賞初勝利は今回と同じ舞台のニュージーランドT(G2)だった。好スタートから先手を奪うと、平均ペースでレースを引っ張り、直線では後続を突き放して最後は2着に5馬身差をつける圧勝。この一戦が評価され、NHKマイルCでは3番人気の支持を受けた。

 グレナディアガーズ、シュネルマイスターとともに3強の一角を担ったNHKマイルCは、スタート直後にまさかのハプニングが待っていた。ゲートが開き、ハナを切るとみられていたバスラットレオン。直後に鞍上の藤岡佑介騎手が落馬し、僅か数秒で競走中止の憂き目に遭った。

 幸い、人馬ともに大きなケガなどはなく、中2週で日本ダービー(G1)に挑戦。鬱憤を晴らすべく果敢に逃げたが、勝ったシャフリヤールと2秒9差の15着に敗れた。結果を残しているマイル戦で、再スタートを切る。

 栗東に帰厩したのは8月下旬。乗り込み本数はまだ少ないが、1週前には栗東坂路で52秒1-12秒0と上々のタイムをマークしている。3度目の対戦となるグレナディアガーズに初の先着を果たせるか。

JRA【京成杯AH(G3)展望】母仔BC制覇へ、グレナディアガーズに「取りこぼし」は許されない!? バスラットレオンは「落馬」以来のマイル戦でリベンジへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!