NEW

JRA「次元の違う脚を使われて……」6年前キタサンブラックと共に脱帽した男の数奇な運命!? M.デムーロ、天国の盟友ドゥラメンテへ捧げる重賞制覇の一方で

JRA「次元の違う脚を使われて……」6年前キタサンブラックと共に脱帽した男の数奇な運命!? M.デムーロ、天国の盟友ドゥラメンテへ捧げる重賞制覇の一方での画像1

 5日、新潟競馬場で行われた新潟記念(G3)は、12番人気のマイネルファンロン(牡6歳、美浦・手塚貴久厩舎)が勝利する波乱の結果。本馬にとって2019年4月以来、約2年5か月ぶりの勝利が嬉しい重賞初制覇となった。

「とっても嬉しいです!」

 今週、競馬界は2015年の二冠馬ドゥラメンテのあまりにも早過ぎる訃報によって、悲しみに包まれた。そんな盟友とのタッグで当時を席巻したのが、M.デムーロ騎手だ。

 あれから6年の時が経ったが「僕の乗った中で一番強い馬。間違いない」とまで断言するドゥラメンテの死に、この男が燃えないはずがなかった。スタートは決して良くなかったが、腹を括って後方から。最後の直線で外ラチ一杯まで大外に持ち出すと真一文字に突き抜け、天国の友に朗報を届けた。

 その一方、2015年当時、そんなドゥラメンテ&デムーロ騎手の強さをまさに目の当たりにしていたのが、浜中俊騎手だ。

JRA「次元の違う脚を使われて……」6年前キタサンブラックと共に脱帽した男の数奇な運命!? M.デムーロ、天国の盟友ドゥラメンテへ捧げる重賞制覇の一方での画像2

「個人的に『すごい強い』というイメージで、無事だったら、もっと(G1を)勝っていたでしょう」

『中日スポーツ』のコラムで当時のドゥラメンテをそう振り返っている浜中騎手。詳細は本コラムをご覧いただきたいが、2015年の皐月賞(G1)でキタサンブラック(3着)と共に本馬と戦ったのが浜中騎手だった。

 キタサンブラックといえば北村宏司騎手と武豊騎手のイメージが強いが、皐月賞当時に北村宏騎手が騎乗停止になったため、浜中騎手が代役として騎乗した。後の7冠馬キタサンブラックをして「ゴール前で次元の違う脚を使われて、あっさりとかわされてしまいました」と脱帽した浜中騎手にとっても、ドゥラメンテは強烈なインパクトがあったようだ。

 この日の小倉2歳S(G3)では、そんな浜中騎手がナムラクレアとのコンビで勝利したが、これもまたドゥラメンテの訃報が呼び込んだ“数奇な運命”だったのかもしれない。

 実は当初、ナムラクレアには和田竜二騎手が騎乗予定だった。しかし、前日の札幌2歳S(G3)でドゥラメンテ産駒の騎乗馬ダークエクリプスが放馬した際に、左足の関節を捻挫。この日も全頭が乗り替わりとなり、浜中騎手に巡ってきたのがナムラクレアだったのだ。

「今朝、乗り替わりを知ったんですけど、結果を出せてホッとしています」

 レース後、そう心境を語った浜中騎手。新潟記念を勝ったデムーロ騎手と共に、今週はドゥラメンテと縁のあるジョッキーたちが重賞で結果を残した。

(文=銀シャリ松岡)

<著者プロフィール>
 天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA「次元の違う脚を使われて……」6年前キタサンブラックと共に脱帽した男の数奇な運命!? M.デムーロ、天国の盟友ドゥラメンテへ捧げる重賞制覇の一方でのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか