NEW

JRA「勝因は騎手」調教師も認めた大胆騎乗、ユーバーレーベン兄の勝利は「マイネルデムーロ」の決定打!? 後ろ盾無くした“元”主戦騎手に忍び寄る脅威

JRAユーバーレーベン兄の勝利は「マイネルデムーロ」の決定打!?「勝因は騎手」調教師も認めた大胆騎乗、後ろ盾無くした元主戦騎手に忍び寄る脅威の画像2

「マイネルファンロンには、ラフィアンの主戦騎手である柴田大知騎手や丹内祐次騎手が、主に手綱を取ってきましたが、ここまで大胆な脚質転換は見せたことがありませんでした。実際、先行策で好結果を出していたこともあり、後ろから行くという発想そのものがイメージしにくかったこともあるのでしょう。

ですが、デムーロ騎手が新たな可能性を引き出したといえます。こういった先入観に捉われない柔軟な発想を持っていることも、デムーロ騎手ならではですかね。長くいい脚を使う産駒が多いステイゴールドだけに、この切れ味には驚かされました」(競馬記者)

 勝因を聞かれた手塚師も「騎手に尽きます」と認めたほどの大胆騎乗を披露したデムーロ騎手に対し、一転して窮地に追い込まれそうなのが柴田大騎手と丹内騎手だ。

 2人は、今年3月に亡くなったマイネル軍団の総帥こと岡田繁幸さんから重用されていた騎手。それぞれコンスタントに活躍しながらも、G1レースなどの大舞台では目立った結果を残せなかった経緯もある。デムーロ騎手の存在は脅威以外の何物でもない。

 皮肉にも2013年にNHKマイルC(G1)をマイネルホウオウが制して以来、遠ざかっていたG1タイトルを7年ぶりにもたらしたのは、お抱え騎手のどちらでもなく、デムーロ騎手だった。

 柴田大騎手、丹内騎手が勝たせることの出来なかったユーバーレーベン。そして今回、その兄であるマイネルファンロンに重賞初勝利をプレゼントしたのもデムーロ騎手である。

 新潟記念の勝利は、これからの「マイネル軍団=デムーロ」を、強烈に印象付ける結果となったに違いない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA「勝因は騎手」調教師も認めた大胆騎乗、ユーバーレーベン兄の勝利は「マイネルデムーロ」の決定打!? 後ろ盾無くした“元”主戦騎手に忍び寄る脅威のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール