NEW

JRA武豊「後味の悪いレース」あわや落馬の大斜行に酷評! 「もういいでしょう」からの「辞めたい」発言、“G1未勝利”リーディングジョッキーが代打でつかんだ殊勲星

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「後味の悪いレース」あわや落馬の大斜行に酷評! 「もういいでしょう」発言からの「辞めたい」、G1未勝利リーディングジョッキーが代打でつかんだ殊勲星の画像1

 5日、小倉競馬場で開催された夏の2歳重賞・小倉2歳S(G3)は、浜中俊騎手が騎乗した4番人気ナムラクレア(牝2、栗東・長谷川浩大厩舎)が優勝。前走のフェニックス賞に続く連勝で夏の小倉2歳チャンプに輝いた。

 10頭立ての少頭数で行われた芝1200mのレース。好スタートを決めたナムラクレアだが、浜中騎手は先行策だった過去2戦より一つ後ろのポジションを選択した。

 最終コーナーを回って先行争いをした馬の脚が鈍る中、大外に持ち出されたナムラクレアの末脚は際立った。上がり3ハロン最速で前の馬を豪快に差し切ると、2着馬に2馬身の差をつけてゴール板を駆け抜けた。

「今朝乗り替わりを知りまして、色々な情報を聞いてこの馬の持ち味を少しでも発揮できればと思いましたが、馬が強かったです。結果を出せてホッとしています」

JRA武豊「後味の悪いレース」あわや落馬の大斜行に酷評! 「もういいでしょう」発言からの「辞めたい」、G1未勝利リーディングジョッキーが代打でつかんだ殊勲星の画像2

 レース後、浜中騎手がそう振り返ったように、当初、ナムラクレアの鞍上には和田竜二騎手が予定されていた。同騎手が前日の札幌2歳S(G3)で、騎乗馬が放馬した際に負傷したため、乗り替わりでつかんだチャンスだった。

 2007年にデビューした同騎手は、順調に勝ち星を増やしていった6年目の12年に全国リーディングを獲得。同年のG1勝利はなくとも史上4位タイ、24歳の若さで手にした勲章だ。

 見事な殊勲星を挙げたとはいえ、かつて甘いマスクに「ポスト武豊」と言われていた実力派にしては、小倉2歳Sが今年の重賞初勝利だったことは少々意外である。

 ただ、今回の代打騎乗による勝利は、現状打破に大きな意味を持つかもしれない。

 浜中騎手が主戦を任されていたのが、ナムラクレアの父であるミッキーアイル。同馬が現役時代にG1・2勝を挙げた名コンビではあるものの、16年のマイルCS(G1)の騎乗ぶりが発端となる浜中騎手の舌禍を招いたほろ苦い過去がある。

 3番人気に支持されたこのレースで、浜中騎手とミッキーアイルは逃げ切り勝ちを飾ったが、最後の直線半ばで外側へ大きく斜行。これにより、ミッキーアイルを追うネオリアリズムの後ろにいたサトノアラジン、ディサイファ、ダノンシャークの3頭が大きな不利を被った。どの馬も手応えよく上がってきた勝負所での不利は、あまりにも勿体ないものだった。

JRA武豊「後味の悪いレース」あわや落馬の大斜行に酷評! 「もういいでしょう」からの「辞めたい」発言、“G1未勝利”リーディングジョッキーが代打でつかんだ殊勲星のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!