NEW

JRA 「柴田大知・丹内祐次乗せるのやめて」名指し批判! 直木賞作家「どれだけの馬の未来を潰したか」発言に賛否⁉

 5日、新潟競馬場で行われた新潟記念(G3)は、M.デムーロ騎手騎乗のマイネルファンロン(牡6、美浦・手塚貴久厩舎)が優勝。

 管理する手塚師は「すごいな。引っかかる馬で、これまでどの騎手もうまく乗れなかったんだけど、うまく抑えてくれた。勝因はジョッキーだね」と、デムーロ騎手の神騎乗とも見て取れる好騎乗を称えた。

 同馬を所有する「マイネル軍団」でお馴染みのサラブレッドクラブ・ラフィアンはこれが嬉しい今年重賞2勝目。何を隠そう1勝目は、デムーロ騎手がマイネルファンロンの半妹ユーバーレーベンで制したオークス(G1)だ。

 昨年は重賞未勝利に終わった同クラブだが、代表の岡田繁幸氏が存命中は柴田大知騎手・丹内祐次騎手を起用するのが特徴だった。だが岡田氏が今年3月に亡くなって以降、デムーロ騎手を乗せる機会が増加している。新潟記念の勝利により、その流れは更に加速すると思われる。

 そこでファンの間で浮上してきたのが、デムーロ騎手の「主戦待望論」だ。

 これを支持している代表格に挙げられるのが、昨年「少年と犬」で第163回直木賞を受賞した作家の馳星周氏である。

「馳氏は競馬好きの作家として有名です。特にステイゴールドが好きで、現役馬でも熱心に産駒の応援をしているようです。

詳しくは馳氏のTwitterをご覧いただきたいのですが、競馬好きというよりも大のステイゴールドファンですね(笑)

本当にステイゴールドとその産駒たちへの愛が伝わってきます」(競馬誌ライター)

 馳氏は手塚師の新潟記念の振り返りコメントのツイートを引用し、「ミルコを主戦にしようよ、ラフィアン」と、呟いている。

 過去にも、「ラフィアンと岡田総帥の馬はもうしょうがないと思うけど、他の馬主のときは柴田J、丹内J乗せるの、ほんとにやめて欲しいです」と、主戦交代を提言していた。

 ステイゴールド大好きの馳氏にとって、直仔のマイネルファンロンを初騎乗で勝たせたデムーロ騎手の手腕は、他のファンよりも鮮烈なインパクトがあったのだろう。

 しかし、なぜステイゴールドとは一見あまり関係のないラフィアンに対して、デムーロ騎手主戦を提言するのだろうか。

「ステイゴールドは2つの牧場を行き来する国内シャトル種牡馬でした。内、1つの牧場はビッグレッドファームです。同ファームの元代表は岡田繁幸氏で、ここで生産された馬が基本的にラフィアンで走ることになります。つまり、ラフィアンにはステイゴールドの産駒が多数います。

産駒で種牡馬となったゴールドシップとウインブライトも現在ビッグレッドファームで繋養されています。今後、マイネル軍団でステイゴールド関連の馬は増えていくことでしょう。それだけに、マイネル軍団の主戦を勝負強いデムーロ騎手にしてほしいのではないでしょうか」(同ライター)

JRA 「柴田大知・丹内祐次乗せるのやめて」名指し批判! 直木賞作家「どれだけの馬の未来を潰したか」発言に賛否⁉のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!