NEW

JRA「ダービーを狙える」と惚れ込んだ福永祐一に先見の明! ドゥラメンテ逝去の裏で新たな光明、“幻の最強馬”が証明したポテンシャルの高さ

【この記事のキーワード】, ,

JRA「ダービーを狙える」と惚れ込んだ福永祐一に先見の明! ドゥラメンテ逝去の裏で新たな光明、幻の最強馬が証明したポテンシャルの高さの画像1

 先月31日夜、2015年の皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)を制し、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬に輝いたドゥラメンテがこの世を去ったことは、競馬界にとって大きな損失だった。

 現役引退後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬生活を送っていたドゥラメンテだ。死因は急性大腸炎ということだが、9歳という若さで生涯を終えてしまったのは、あまりにも惜しいと言わざるを得ない。

 種牡馬デビュー初年となった昨年はこのドゥラメンテとモーリスが、次代を担う最右翼として高い評価を受けていた。期待が大き過ぎるが故に、物足りない印象もあったものの、2年目の今年は2頭とも順調に勝ち星を伸ばしている。

 一時代を築いたディープインパクト、キングカメハメハといった双璧を失った中、今年も繰り広げられている混沌の2歳リーディング争い。先週の開催を終えた現在、トップ3に入っているのは9勝のロードカナロア、8勝で並ぶドゥラメンテ、シルバーステートの3頭だ。

 中でも特筆すべきはシルバーステートの活躍だろう。ロードカナロア、ドゥラメンテは社台スタリオンステーションに対し、こちらは優駿スタリオンステーション。最大勢力を誇るライバルに繁殖牝馬の質で見劣りながらも互角以上に健闘を見せた。

JRA「ダービーを狙える」と惚れ込んだ福永祐一に先見の明! ドゥラメンテ逝去の裏で新たな光明、幻の最強馬が証明したポテンシャルの高さの画像2
福永祐一騎手 撮影:Ruriko.I

 シルバーステートの説明に欠かせないのは、やはり現役時代に同馬の手綱を取った福永祐一騎手である。デビュー前の追い切りに騎乗した際、「ダービーを狙える馬が出てきた」というコメントするほどの衝撃を受けたというエピソードは、競馬ファンなら一度は耳にしたことがあるかもしれない。

 デビュー戦こそ後にヴィクトリアマイル(G1)を勝つアドマイヤリードの2着に敗れたシルバーステートだが、2戦目の未勝利から破竹の4連勝。3歳時には故障による休養もあった中、本格化の予兆を感じさせた4歳時には他馬を寄せ付けない圧倒的な走りを披露する。

 しかし、秋の始動戦に定めた毎日王冠(G2)を前に、屈腱炎の発症が判明。当初は現役続行も視野に入っていたが、復帰が長引くことを考慮した結果、現役を引退。種牡馬入りの運びとなった。

 その一方で、過去にも競走馬としての実績は乏しくとも血統的な背景から種牡馬入りする例はあったものの、「G1級」の素質の片鱗こそ見せていたシルバーステートもまた、種牡馬としては未知数でもあった。

 だが、6月13日の中京でメリトクラシーが産駒として初勝利を挙げると、以降も順調に勝ち星を増やし、タミオスターが勝利した先週の新潟未勝利で8勝目。この中には武豊騎手が素質を高く評価したロンも出た。

 そこで改めて驚かされるのは福永騎手の“先見の明”である。

JRA「ダービーを狙える」と惚れ込んだ福永祐一に先見の明! ドゥラメンテ逝去の裏で新たな光明、“幻の最強馬”が証明したポテンシャルの高さのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合