NEW

JRA 14年後に「消費税以下」の評価大暴落、ノーザンファームに見切りをつけられた“6億馬”! その産駒が紫苑S(G3)で反撃の狼煙

JRA 14年後に「消費税以下」の評価大暴落、ノーザンファームに見切りをつけられた6億馬! その産駒が紫苑S(G3)で反撃の狼煙の画像1

 11日(土)の中山メインは秋華賞(G1)トライアルの紫苑S(G3)。3着までに優先出走権が与えられるこのレースには多数の良血馬が顔を揃えそうだ。

 G1を3勝したフィエールマンの全妹エクランドールを筆頭に、ワグネリアンの全妹ミスフィガロ、G1・3勝の名牝スイープトウショウの娘クリーンスイープ、メジャーエンブレムの初仔プレミアエンブレムなど……。

 他にも祖母がメジロドーベルのホウオウイクセル、2008年のオークス馬トールポピーが祖母というシャーレイポピーほか、有力馬は枚挙に暇がない。

 そんななか、祖母が01年のエリザベス女王杯(G1)勝ち馬トゥザヴィクトリーというメイサウザンアワー(牝3歳、美浦・尾関知人厩舎)に注目したい。

 叔父にトゥザワールドやトゥザグローリーがいるいわゆる「トゥザ一族」。母ディナシーは父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリーという血統が評価され、06年のセレクトセールで6億円(税別)という高額で落札された。これは15年が過ぎた現在も、セレクトセール史上最高額として君臨している。

 誕生から僅か5か月の牝駒に6億円もの値が付けられ、そのデビューが待ち望まれたが、デビュー前の放牧中に運悪く落雷に遭遇。これに驚いたディナシーは脚に致命傷を負ってしまい、結局一度も走ることなく生まれ故郷のノーザンファームで繁殖入りした。

 競走馬としての“稼ぎ”はゼロとなってしまったディナシー。それでも繁殖牝馬として期待は大きく、産駒がデビューするたびに注目を浴びてきた。

 しかし、これまで6頭がデビューするも、勝ち上がったのはメイサウザンアワーを含めて3頭。今のところ出世頭は通算3勝した初仔ヴェルデホで、現在2勝のメイサウザンアワーに兄超えの期待が懸かっている。

 競走馬になれず、繁殖牝馬としても苦戦していたディナシーに更なる悪夢が襲ったのは昨年秋。メイサウザンアワーが初勝利を挙げた直後に、ディナシーは「ノーザンファーム繁殖牝馬セール」に上場されたのだ。

 つまり、ノーザンファームから繁殖牝馬としての見切りをつけられたということである。無事落札はされたが、その取引額は1050万円(税別)。14年前の消費税(3000万円)にも満たない大暴落(マイナス5億8950万円)だった。

JRA 14年後に「消費税以下」の評価大暴落、ノーザンファームに見切りをつけられた“6億馬”! その産駒が紫苑S(G3)で反撃の狼煙のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合