NEW

JRA「ミルコロガシ」という今なお語り継がれる伝説! ライバルと立場逆転を決定づけた最強馬候補との別れ、屈辱を味わった天才が見せた逆襲の兆し

【この記事のキーワード】, ,

JRA「ミルコロガシ」という今なお語り継がれる伝説! ライバルと立場逆転を決定づけた最強馬候補との別れ、屈辱を味わった天才が見せた逆襲の兆しの画像1

 先週末、新潟競馬場で行われた新潟記念(G3)を制したのは、12番人気の伏兵マイネルファンロン(牡6、美浦・手塚貴久厩舎)。これまで先行策で結果を残していたパートナーをアッと驚く後方待機策から勝利へ導いたのは、M.デムーロ騎手だ。

 最終開催で馬場の荒れた内側で伸びを欠く馬が見られた中、17頭立てのレースで8枠16番という外枠も味方したとはいえ、外ラチ一杯から豪快に先行勢を飲み込んだ好騎乗を披露してくれた。

 奇想天外な“デムーロマジック”で、末脚が切れるイメージのなかったマイネルファンロンの先入観を覆す勝利に、衝撃の瞬間を目撃した競馬ファンから絶賛の声が相次いだ。それと同時に近年、不振に喘いだデムーロ騎手の勝利に復調の兆しを感じたファンも少なくなかったのではないだろうか。

 今でこそC.ルメール騎手や川田将雅騎手が、トップジョッキーとして盤石の地位を築きつつあるものの、かつてG1レースで彼ら以上に圧倒的な存在感を見せていたのが、デムーロ騎手だった。

 1979年1月11日生まれのデムーロ騎手は現在42歳。94年に母国イタリアで騎手デビューすると97年から4年連続でイタリアの騎手リーディングを獲得する。

 その騎乗センスの高さを買われ、短期免許で初来日したのは遡ること22年前。異国の地で着実に結果を残した若手の有望株の評価は急上昇し、以降も2003年にネオユニヴァースとのコンビで春の二冠、翌年の皐月賞(G1)を10番人気ダイワメジャーで制するなど、騎乗センスは日本でも群を抜いていた。その後も12年には天覧競馬となった秋の天皇賞(G1)をエイシンフラッシュで制するなど、目を引く活躍を見せた。

 中でも今なお伝説として語り継がれるのは、G1騎乗機会10回すべてで3着以内に入った17年の記録だ。この年は5月のオークス(G1)から11月のマイルCS(G1)までの間で【5.1.4.0/10】という驚異的な好成績。人気馬だけでなく穴馬でも馬券圏内に入った回収率は単勝332%、複勝250%だった。当時の成績は以下の通り。

■2017年、M.デムーロ騎手のG1騎乗機会10戦の成績
5.21 オークス、アドマイヤミヤビ、2番人気、3着
5.28 日本ダービー、アドミラブル、1番人気、3着
6.4 安田記念、レッドファルクス、3番人気、3着
6.25 宝塚記念、サトノクラウン、3番人気、1着
10.1 スプリンターズS、レッドファルクス、1番人気、1着
10.15 秋華賞、モズカッチャン、5番人気、3着
10.22 菊花賞、キセキ、1番人気、1着
10.29 天皇賞・秋、サトノクラウン、2番人気、2着
11.12 エリザベス女王杯、モズカッチャン、5番人気、1着
11.19 マイルCS、ペルシアンナイト、4番人気、1着

 最終的にも年間を通じて【6.2.5.8/21】の勝率28.6%、連対率38.1%、複勝率61.9%という成績を残したデムーロ騎手。正式にJRA所属となった15年から上昇一途ということもあり、さらなる飛躍に期待された。

 これにはデムーロ騎手の騎乗馬を複勝で購入して転がしたら、大儲けできた意味も含めて“ミルコロガシ”と評したファンもいたほど。

 ところが順風満帆に見えた天才の潮目が変わったのは、今思えば18年暮れのホープフルS(G1)だったのかもしれない。

JRA「ミルコロガシ」という今なお語り継がれる伝説! ライバルと立場逆転を決定づけた最強馬候補との別れ、屈辱を味わった天才が見せた逆襲の兆しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合