NEW

パチスロ6号機「最強」ボーナスタイプの演出法則を解説! ボタン「PUSH」のタイミングもポイント

【この記事のキーワード】

,

パチスロ6号機「最強」ボーナスタイプの演出法則を解説! ボタン「PUSH」のタイミングもポイントの画像1

 ビッグ中のバラケ目は設定6に大きな期待が持て、REG中のハズレは設定5以上が約束される。各種小役数値も判明し、エレコの『新ハナビ』はひと通りの攻略要素が出揃ったといえる。

 一方、伝統の出目演出は打ち込めば打ち込むほどに奥深い。ブランク絵柄をチェリーの代用としたこと、特殊役の組み合わせを変化させたことなどが大きな要因であり、新たな要素「たまやチャレンジ」もゲーム性に彩を添えている。

 このたまやチャレンジは、リプレイやチェリー成立の次ゲームで発展する可能性あり。ボタンPUSHで表示されたパーセンテージには法則性が設けられており、ユニバーサルエンターテインメントの小野Pが出演する「A PROJECTチャンネル」では、「ネタバレ注意!!『新ハナビ』を10倍楽しく打つ方法」として、そんなたまやチャレンジの法則性を解説している。

 動画によると、まず注目すべきはフラッシュパターンで、リプレイ時は「花火」よりも「しだれ柳」の方がたまやチャレンジへ発展しやすいとのこと。一方、チェリー時は「三連花火」の発生で例外なくたまやチャレンジへ発展するようだ。

 パーセンテージは数字の左が奇数ならばハズレorリプレイor風鈴、偶数ならばリプレイor風鈴、ゾロ目ならばチェリーor氷が対応役。奇数時について詳しく述べると、「10%」はハズレorリプレイor風鈴、「30%」はハズレorリプレイor風鈴B、「50%」はハズレorリプレイ、「70%」or「90%」はハズレとなる。

 よって、例えば50%or70%or90%表示時、左リール上段暖簾絵柄からハサミ打ちで小役ハズレ目が停止すれば、その時点で2確目。小役が確定する偶数表示時も停止型によっては1確目や2確目に昇格することもある。

 また、ボタンPUSHで数字を出すタイミングによっても楽しみ方が異なり、仮にレバーONで即PUSHしてゾロ目以外出現時はチェリーor氷否定につき、左リールに3連ドンを狙ってもOK。順押し、ハサミ打ち、逆押しで停止型を作ってからPUSHするのも一興だ。

 このほか、動画のラストでは左リール上段暖簾絵柄→右リール枠上ボーナス絵柄停止などからのマニアックな新規リーチ目も詳解している。『新ハナビ』をよりアツく打ちたいというプレイヤーは、当動画を是非とも参考にしていただきたい。

【注目記事】

必ず「128G以内」にAT当選する短期決戦型マシン、多彩な上乗せ性能を有する6.2号機が登場! 9月21日パチスロ導入リスト

特化ゾーンから始まるATは「350G」スタートも!? パチスロ新台『戦国乙女 暁の関ヶ原-DARKNESS-』へ熱視線!! 

パチスロ新台「最強ボーナス」で「一撃5000枚」の報告も!?【初打ち実戦速報-パチスロ-編】

パチスロ新台『牙狼‐黄金騎士‐』を発表!「万枚製造機」と「10万発タイトル」の強力タッグに高まる期待!!

パチスロ6号機「最強」ボーナスタイプの演出法則を解説! ボタン「PUSH」のタイミングもポイントのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!