NEW

JRA川田将雅「海外遠征」では屈辱の歴史!? 日本ダービー制覇も「次走」乗り替わり、“オマケ”で凱旋門賞挑戦もC.ルメールから叱責……

JRA川田将雅「海外遠征」では屈辱の歴史!? 日本ダービー制覇も「次走」乗り替わり、オマケで凱旋門賞挑戦もC.ルメールから叱責……の画像1

「幼い頃から夢見ていたブリーダーズCという舞台に、僕を選んでくれたことを本当に嬉しく思いました」

 G1・2勝馬ラヴズオンリーユーとの米ブリーダーズC挑戦が決まり、本馬が所属するDMMバヌーシーの公式チャンネルで心境を語っている川田将雅騎手。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止によって、帰国後は14日間の自主隔離を余儀なくされる可能性が高い。その場合エリザベス女王杯、マイルCSといったG1レースに騎乗できないが、それでも本人は「多くの方にご迷惑をお掛けするので、それを押してでも是非とも行かしてほしい」と、米国競馬の祭典へ強い意欲を示している。

 あまり海外遠征のイメージがない川田騎手だが、実は近5年でJRAが海外馬券を発売した主要レースなら、日本人騎手で武豊騎手に次ぐ7回の騎乗を記録。比較的遠征が容易な香港だけでなく、2度の凱旋門賞(仏G1)挑戦や、オーストラリアのメルボルンC(G1)に騎乗するなど、積極的な挑戦を続けている。

 その根本にあるのが、父・川田孝好調教師(佐賀)と映像を見るなどして、幼少期から育んだ海外のビッグレースに対する憧れだ。自主隔離のリスクを踏まえて挑む今回の米国遠征だけを見ても、川田騎手の強い気持ちが見て取れる。

 しかし、その一方で、積極的な思いとは裏腹にこれまでの川田騎手の海外挑戦は「屈辱の歴史」と述べざるを得ない。

JRA川田将雅「海外遠征」では屈辱の歴史!? 日本ダービー制覇も「次走」乗り替わり、“オマケ”で凱旋門賞挑戦もC.ルメールから叱責……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!