NEW

JRA デビュー半年で2回の「油断騎乗」疑惑で流石に反省!? 乗り替わりも経験したルーキーの改心、“ラストチャンス”の馬に “僕の技術”風車鞭が炸裂!

【この記事のキーワード】, ,
JRA デビュー半年で2回の「油断騎乗」疑惑で流石に反省!? 乗り替わりも経験したルーキーの改心、ラストチャンスの馬に 僕の技術風車鞭が炸裂!の画像1
撮影:Ruriko.I

「僕の技術でカバーしてあげられず…すみません」

 懸命に追って敗れた18歳のルーキーはそう呟いた。

 5日、小倉競馬場で行われた4Rの3歳未勝利戦(芝2000m)。2018年生まれの3歳未勝利馬にとってJRAでの生き残りをかけたラストバトルに、フルゲートの18頭が出走した。

 1番人気の単勝オッズ5.6倍が示す通り、混戦を極めたレース。松本大輝騎手は、4番人気に支持されたトーホウロゼリア(牝3歳、栗東・谷潔厩舎)とのコンビで挑んだが、惜しくも勝ち馬からクビ差の2着に敗れた。

 松本騎手といえば、先月22日の小倉7R・3歳上1勝クラスにおいて「油断騎乗」疑惑を行ったことが記憶に新しい。

 この競走でリノ(牝4歳、栗東・寺島良厩舎)に騎乗した際、決勝線手前で腰を上げて流したように見える動作を行い、3着にアタマ差の4着に終わった。

 このとき、JRAから決勝線手前での騎乗について、追う動作が十分ではなく騎手としての注意義務を怠ったとして、過怠金10万円の制裁を受けている。

 また、5月29日の中京5Rでも同様に「油断騎乗」と疑われる行為をしたとして、JRAから同様の理由で2日間の騎乗停止処分を受けたばかり。短期間での“再犯”疑惑には、さすがに厳しい声が出ても仕方のないことだった。

「油断騎乗」はJRAが公正競馬を保つために、特に厳しく制限しているルールの1つである。競馬はギャンブルという性質を持っているため、着順が入れ替わることは、馬券購入者の馬券結果に直結する。それだけに、騎手の怠慢で着順が替わることは、あってはならないことだ。

 当然ながら関係者もこの事実を快く思っていないようだ。リノが4日小倉7Rへ出走した際は、小倉に松本騎手がいたにもかかわらず、藤岡康太騎手へ乗り替わりになっていた。

 松本騎手としても大いに反省したことは間違いないだろう。少なくとも、小倉4Rではゴールまで懸命に追う姿が確認できた。

 8枠17番からスタートしたトーホウロゼリアだが、ゲートから出た際の1完歩目が遅く最後方からの追走を余儀なくされた。普通ならこの時点で諦めてしまいそうなものだが、松本は決して諦めなかった。

 向こう正面半ばから徐々に進出を開始すると、4コーナーで大外から先頭を射程圏内に入れる位置まで進出し、直線を迎える。

JRA デビュー半年で2回の「油断騎乗」疑惑で流石に反省!? 乗り替わりも経験したルーキーの改心、“ラストチャンス”の馬に “僕の技術”風車鞭が炸裂!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
4秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
7「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?
10「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?