NEW

JRA【ローズS(G2)展望】調教「5馬身遅れ」もC.ルメール2戦2勝クールキャットが中心!? 姉デゼルの無念を……川田将雅オヌールにもチャンスあり

【この記事のキーワード】

, ,

 春に未勝利戦、スイートピーS(L)を連勝したタガノパッション(牝3歳、栗東・鮫島一歩厩舎)がオークス以来の実戦を迎える。

 前哨戦を快勝したものの、オークスでは10番人気に甘んじたタガノパッション。スタートで出負けすると、後方で末脚を温存。直線はメンバー最速の上がりを使って4着に食い込んだ。

 オークス前には岩田康誠騎手が「潜在能力が高く乗りやすい」と絶賛していたが、まさにそれを証明した形となった。

 夏を休養に充て成長を促したが、その効果はテキメン。1週前追い切りで好タイムを叩きだし、併せ馬でも3馬身先着。鮫島調教師は「春より体も大きくなっている」とその成長に自信をのぞかせている。

 これ以外には、桜花賞(G1)とオークスでともに5着を確保したアールドヴィーヴル(牝3歳、栗東・今野貞一厩舎)、祖母エアグルーヴ、母は12年マーメイドS(G3)勝ちのグルヴェイグという良血アンドヴァラナウト(牝3歳、栗東・池添学厩舎)も虎視眈々。

 さらにフラワーC(G3)2着のディープインパクト産駒エンスージアズム(牝3歳、栗東・安田翔伍厩舎)、前走古馬と初対戦で2勝クラスを快勝したスパークル(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)などが上位をうかがう。

 秋華賞への3枚の切符を手に入れるのはどの馬になるのか。ローズSは19日15時35分に発走を迎える。

JRA【ローズS(G2)展望】調教「5馬身遅れ」もC.ルメール2戦2勝クールキャットが中心!? 姉デゼルの無念を……川田将雅オヌールにもチャンスありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!