NEW

パチスロ「天井1800G到達」が“万枚”へのトリガー!? 目押し成功で「100%上乗せ」技術介入要素もある神台を振り返る!!

【この記事のキーワード】,

パチスロ「天井1800G到達」が万枚へのトリガー!? 目押し成功で「100%上乗せ」技術介入要素もある神台を振り返る!!の画像1

 毎月、さまざまなスペックのパチスロがリリースされているが、6号機になってからは「リアルボーナス」を搭載したボーナス+ART機があまり出ていない。

 有名どころでいえば、今年の1月にサミーからリリースされたパチスロ『頭文字D』、最近だと『コードギアス 反逆のルルーシュ3』だ。

 パチスロ歴が長い人からすれば、「ボーナス+ART」という言葉を聞くと、5号機の「名機」を思い出す人も多いだろう。筆者も今まで数々のパチスロ機を打ってきたが、その中でもボーナスを搭載したART機が一番好みである。

 特に、2013年リリースのパチスロ『スタードライバー 輝きのタクト』は、マイナーな機種でありながらも、ゲーム性が非常に面白く、今でも印象に残っている。

 本機は純増約1.8枚のART「ZERO DRIVE」を軸に、リアルボーナスを絡めながら出玉を伸ばしていく「ボーナス+ART」タイプ。

 通常時は「通常・高確・超高確」の3つの内部状態があり、その状態に応じてARTの抽選を行う。ちなみに、本機はチャンスゾーンなどの特別な状態が存在しないため、高確中にどれだけチャンス役を引けるかが重要になってくる。

 一方、ボーナスはBIGとREGの2種類で、BIG中は赤7揃いでART確定&ゲーム数上乗せ特化ゾーンのゼロアタックへ突入し、大量上乗せに期待できる。

 その赤7揃いのフェイクフラグの一部でリアルタイムフリーズが発生し、ここではフリーズしている時間がそのまま上乗せのゲーム数となる。

 また、本機のBIG中には「技術介入要素」があり、ART中であれば目押し成功で100%上乗せする仕様。チャンス役のヒキ、そして目押し力も求められる本機のゲーム性は、一部パチスロファンで大きな話題を呼んだ。

 そんな本機と出会ったのは、当時とあるホールで台を探していた際、打ちたい台がなく店内を徘徊していた時。アニメが好きな筆者は筐体に惹かれて、よく分からないまま打ち始めたのは今でも覚えている。

パチスロ「天井1800G到達」が“万枚”へのトリガー!? 目押し成功で「100%上乗せ」技術介入要素もある神台を振り返る!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!