NEW

JRA苦境続きの騎手へ恩師から「非情宣告」!? 何度もチャンスを与えた陣営が“降板”に踏み切った原因とは……

【この記事のキーワード】, ,
JRA苦境続きの騎手へ恩師から「非情宣告」! 何度もチャンスを与えた陣営が降板に踏み切った原因とは……の画像1
アサマノイタズラ 撮影:Ruriko.I

 20日の敬老の日、中山競馬場ではセントライト記念(G2)が行われる。現在、ホープフルS(G1)2着以来の実戦となるオーソクレースやスプリングS(G2)優勝ヴィクティファルスなどの実績馬をはじめ15頭が登録している。

 同レースは東の菊花賞トライアルだ。3着以内に入れば菊花賞(G1)への優先出走権が与えられるだけに、賞金面に不安がある馬は是が非でも出走権を得たいところだろう。今回、それに該当しているのが、アサマノイタズラ(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 同馬はデビュー以降、全レースで嶋田純次騎手が鞍上を務めていたが、今回は田辺裕信騎手を予定している。

「遂に乗り替わりになってしまいました。アサマノイタズラは、嶋田騎手にとって数少ない“お手馬”の1頭でした。自身もまだ勝てていない重賞勝ちを期待できる器ですから、今回の乗り替わりが痛いことは間違いありません。

ただ、本人は何度も乗り替わりを覚悟していたみたいです。『とうとうその時が来てしまった』と、いったところでしょうか」(競馬記者)

 デビュー11年目の嶋田騎手は1年目に同期で最も多い18勝を挙げた“かつての期待のルーキー”だったものの、2年目以降は負傷が続いて勝ち星が激減。当時は4年目から減量特典が無くなることも重なって、近年は毎年一桁勝利数が続く厳しい状況だ。

 そんな苦境が続く嶋田騎手だが「助けてくださる人がいたし、そういった方が喜んでくれるのを見ると、(騎手を)辞めようとは思いませんでした」と、過去に平松さとし氏のインタビューで語っている。

「嶋田騎手を助けている1人が星野壽市オーナーです。嶋田騎手はデビュー4年目に1勝で終わってしまいましたが、その年唯一挙げた勝利が星野オーナーの馬でした。

以降も嶋田騎手は定期的に星野オーナーの所有馬に騎乗しています。アサマノイタズラへ継続騎乗ができたのも、オーナーのおかげでしょう」(同記者)

 そして、嶋田騎手を語る上で欠かせないのが、アサマノイタズラを管理する師匠の手塚師だ。手塚師は所属騎手である同騎手へコンスタントに騎乗依頼を出している。それに応えるように、デビュー以来ほぼ毎年師匠の馬で勝ち星を挙げてきた。

JRA苦境続きの騎手へ恩師から「非情宣告」!? 何度もチャンスを与えた陣営が“降板”に踏み切った原因とは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!