NEW

JRA福永祐一100勝達成も脇役に!? 実況アナの「関西弁」連呼に話題騒然

JRA福永祐一100勝達成も脇役に!? 実況アナの「関西弁」連呼に話題騒然の画像1

 18日、雨中の中京競馬場で行われた4R・2歳新馬(ダート1800m)は、ドゥラメンテ産駒のアスクドゥラメンテが快勝。鞍上の福永祐一騎手は、この勝利で12年連続となるJRA年間100勝を達成した。

「良い勝ち方ができました。キックバックも問題なかったですし、追ってからもしっかりしていました。調教よりも実戦にいって良かったですし、これからもっと良くなると思います」

 2着馬に2馬身半差をつける会心の勝利を振り返り、福永騎手はそうコメントを残した。スポーツ各紙も「福永騎手年間100勝目」の一報を次々と報道……。

 ところがネット上で話題をかっさらったのは敗れた2着馬の方だった。

 その馬の名前はナオミニデレデレヤ(牝2歳、栗東・杉山佳明厩舎)。12頭立て9番人気という伏兵だったが、直線はいったん先頭に立つ見せ場十分の内容で2着を確保した。

 勝ち馬以上に注目を集めた理由は、レース実況を担当したラジオNIKKEIの山本直アナが発した“関西弁”だ。

「なおみに、デレデレや~」

 ナオミニデレデレヤが見せ場たっぷりの2着に入ったこともあって、レース中は山本アナの口から何度も「なおみに、デレデレや」という言葉が……無論、馬名を実況しているのだが、気を遣ったのか、馬名を呼ぶ度に特別に関西弁のイントネーションを用いたため、聞いている側には「なおみに、デレデレや」と言っているように聞こえるのだ。

 これにはTwitterなどでたくさんの反響があったようで『競馬予想TV!』(フジテレビONE)でもおなじみのパソコン競馬ライター、市丸博司氏も「山本直アナの『ナオミニデレデレヤ』の発音、すげーす」とツイートするなど、まさかの関西訛りにほっこりしたファンが次々と反応。

 数分後にはTwitterのトレンドで「ナオミニデレデレヤ」が1位にランクインしていた。

JRA福永祐一100勝達成も脇役に!? 実況アナの「関西弁」連呼に話題騒然のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!