NEW

JRA【神戸新聞杯(G2)展望】「乗り替わりでは勝てない」ダービーの常識覆したシャフリヤールに新たなジンクス?逆転の筆頭候補はステラヴェローチェに魅力

JRA【神戸新聞杯(G2)展望】「乗り替わりでは勝てない」ダービーの常識覆したシャフリヤールに新たなジンクス?逆転の筆頭候補はステラヴェローチェに魅力の画像1

 26日、菊花賞トライアルの神戸新聞杯(G2)が中京競馬場で行われる。昨年はコントレイルが単勝1.1倍の人気に応え完勝。史上3頭目となる無敗三冠馬を予感させる勝利を挙げた。

 今年のダービー馬も秋の始動戦を中京2200mで迎える。

 シャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、デビュー2戦目の共同通信杯(G3)で3着に敗れたあと、毎日杯(G3)を制覇。皐月賞(G1)をパスして、照準をダービー一本に絞ると、デビュー4戦目で見事結果を出した。

 そのダービーは、道中は終始馬群の中を追走。最後の直線では狭いところに閉じ込められる厳しい展開。それでも残り200m地点で前が空くと、一気に加速、大本命エフフォーリアをゴール前ハナ差で差し切った。

 福永祐一騎手は「決してスムーズな騎乗ではありませんでしたが、馬の力に助けられた勝利」と謙遜したが、結果オーライ。1985年から続いた「乗り替わりではダービーを勝てない」というジンクスも覆した。

 しかし、シャフリヤールには新たなジンクスが待ち受けている。1986年以降、キャリア4戦以下で神戸新聞杯を走った馬は12頭に上るが、その成績は「0-0-4-8」と連対した馬さえいない。もちろん、12頭の中にシャフリヤールのような実績馬はいないが、キャリアが浅いという点では気になるデータだ。

 1週前には、栗東CWで6ハロン85秒5-ラスト11秒2をマーク。軽快なフットワークで僚馬に先着を果たした。陣営は菊花賞(G1)出走を明言していないが、順調にいけば2冠を獲りにいくだろう。そのためにも、前哨戦でしっかりダービー馬の威厳を見せておく必要がある。

 ダービーでシャフリヤールの3着に追い込んだのがステラヴェローチェ(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。凱旋門賞(G1)にも登録していたほど陣営からの評価は高い。

 皐月賞では6番人気ながらも3着に好走。ダービーではさらに評価を下げ、9番人気で迎えた。しかし、皐月賞からマイナス12kgという究極の仕上げで臨んだ一戦で、上位2頭から0秒2差の3着。大激戦となったグレートマジシャンとサトノレイナスによる3着争いを制した勝負強さが光った。

 レース後には吉田隼人騎手も「展開次第でダービー馬になるチャンスのあった馬」と想定外のスローペースに悔しさを吐露。今回も展開待ちの面はあるが、末脚は確実なだけに仕掛けどころがカギを握りそうだ。

 ダービー後はノーザンファームしがらきに放牧に出されていたが、8月11日に栗東に帰厩。坂路を中心にじっくり乗り込まれ、調教本数は十分。内容次第で菊花賞に向かうかどうか決めるという一戦で、無様な姿を見せるわけにはいかないだろう。

JRA【神戸新聞杯(G2)展望】「乗り替わりでは勝てない」ダービーの常識覆したシャフリヤールに新たなジンクス?逆転の筆頭候補はステラヴェローチェに魅力のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!