NEW

JRA アサマノイタズラ「激走」に元主戦の「金言」!? 自身は痛恨の「降板」でも優先したものとは

【この記事のキーワード】, ,
JRA アサマノイタズラ「激走」に元主戦の「金言」!? 自身は痛恨の「降板」でも優先したものとはの画像1
アサマノイタズラ 撮影:Ruriko.I

 20日、中山競馬場でセントライト記念(G2)が行われ、田辺裕信騎手が騎乗の9番人気アサマノイタズラ(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)が優勝。待望の初重賞制覇を成し遂げるとともに、3連単の払戻が30万馬券という波乱の立役者となった。

 14頭立ての芝2200m戦を1000m通過60秒5と緩みないペースで進んだ菊花賞トライアル。最後の直線入口で4頭が横一線に並ぶほど各馬が早めに仕掛けるなか、アサマノイタズラは直線半ばまで後方で脚を溜めた。残り200m付近で外へ持ち出すと、矢のような伸び。先に抜け出していたソーヴァリアントをゴール寸前で差し切った。

「中山競馬場が得意な田辺騎手らしい決め打ちが見事にハマりましたね。

田辺騎手曰く『菊花賞へ向けてどう権利を取ろうかと考えていた』とのことで、あくまで陣営は『3着以内にさえ入れば』と思って田辺騎手を起用したと思います。期待した以上の結果が出たのではないでしょうか」(競馬記者)

 アサマノイタズラには、デビューから前走までの全レースで嶋田純次騎手が騎乗していた。特に4走前のスプリングS(G2)は7番人気ながら、早めに仕掛ける競馬が功を奏して2着。自身初の重賞勝ちを意識させた馬だけに、嶋田騎手にとって「痛恨」の乗り替わりだったはずだ。

「嶋田騎手はアサマノイタズラのレースを終えるたびに乗り替わりを覚悟していたみたいです。とはいえ、これまでは乗り替わりにならなかったですから。やはり本人は辛いと思います。しかし、ここで不貞腐れないのが嶋田騎手の凄いところだと思いますよ」(同記者)

 田辺騎手はレース後にインタビューにて「嶋田騎手ともいろいろと話をして情報は集めていました」と、話している。自分のお手馬の情報を仮にも“奪われた相手に伝えるのは、複雑な心境だったはずだ。

「嶋田騎手はアサマノイタズラを管理する手塚厩舎の所属騎手です。

平松さとし氏のインタビューで『(手塚師へ)少しでも恩返しをしたい気持ちでいっぱいです』とも答えていました。師匠のためなら出来ることは何でもする思いだったのではないでしょうか。

田辺騎手がわざわざ勝利後に嶋田騎手の名前を出しているのですから、嶋田騎手のアドバイスが今回の勝利に繋がったことは間違いないはずです」(同記者)

 結果的に自分が降板することになっても、優先すべきは馬と厩舎の将来と考えるのが所属騎手としての誠意。それに9月20日は手塚師の誕生日でもある。本来なら自身の手綱で恩返しをしたかっただろうが、形は違えども恩師への「誕生日プレゼント」となったのではないだろうか。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA アサマノイタズラ「激走」に元主戦の「金言」!? 自身は痛恨の「降板」でも優先したものとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声