NEW

パチスロ大手「ユニバーサル」の主張を全面的に認める判決が確定

パチスロ大手「ユニバーサル」の主張を全面的に認める判決が確定の画像1

 1G純増約5.5枚、最大継続率90%のJAC・AT「ヴォイドドライブ」を装備する6号機『SLOTタブー・タトゥー』。そんな爽快感溢れるマシンの発売を目前に控えるユニバーサルエンターテインメントは先日、同社の元取締役会長である岡田和夫氏との裁判において、岡田氏の控訴棄却の判決が言い渡された旨を、公式HP上で公表した。

 同社は、2017年11月27日付けで岡田氏に、3件の不正行為を行ったとして損害賠償請求訴訟を提起。2020年2月13日、同社の請求が全面的に認められ、岡田氏に対して「2,129万3,712円及びこれに対する平成29年12月29日から支払い済みまで年5分の割合による金員の支払い(仮執行)」と「訴訟費用の負担」が言い渡された。

 この判決に岡田氏は不服として控訴したものの、東京裁判所より2020年9月16日、同社の主張を全面的に認めると共に、岡田氏の主張は客観的な事実に反するものであって採用することができない等として、岡田氏の控訴を棄却する判決が言い渡された。

 これについても不服とした岡田氏は最高裁判所に上告及び上告受理申し立てを行ったが、最高裁判所は2021年9月15日、同社の主張を全面的に認めて岡田氏の控訴を棄却。本件を上告審として受理しない決定を下した。これにより、同社の主張を全面的に認める内容の判決が確定した。

 3件の不正行為とは、岡田氏が2015年2月から3月にかけて、岡田氏及びその親族が持分を保有するOkada Holdings Limited(OHL)の第三者に対する貸付金債権の回収や、美術品の代金の支払いという個人的な用途に充てる資金を得るため、同社元取締役管理部長の下、同社子会社Tiger Resort Asia Limited(TRA)から、第三者と密接な関係にある外国法人に対して、無担保、無利息で1億3,500万香港ドル(当時の為替ルートで約20億円)の貸し付けを行わせた件。

 2015年5月11日、事故の個人的な利益を図る目的でTRAの経理担当者に指示をし、1,600万香港ドル(同約2億円)の小切手を作成させ、これに署名して振り出した件。

 TRAの完全子会社Unversal Entertainment Korea co.,ltd(UE韓国)が、韓国のカジノリゾートプロジェクトの土地購入に交渉していたところ、土地購入の事業主体をUE韓国からOHLの完全子会社Okada Holdings Korea co.,ltd(OHL韓国)に変更。その上で、OHL韓国が韓国の土地を購入するための頭金を捻出するため、UE韓国の預金を担保として提供させ、OHLに8.000万米国ドルを借り入れた。

 さらに、その利息及び手数料に相当する17万3562.23米国ドルを実態のない経営コンサルタント料等の名目でOHLからUE韓国に請求し、UE韓国からOHLに同額を支払わせた件だそうだ。

 なお、岡田氏が、特別調査委員会が本件不正行為を指摘する内容の調査報告書を作成して同社に提出した行為及び同社が匿名処理を施した調査報告書を開示した行為等について、名誉を棄損されたとして、同社らを被告として提起していた損害賠償請求訴訟に関しても、東京高等裁判所は9月15日、岡田氏の控訴を棄却する判決を言い渡した。

【注目記事】

パチスロ4号機『大花火』…激アツ要素が融合した大量獲得機の最高峰!!

「継続率MAX93%」無敵のEXボーナス搭載で爆裂必至!? ファン待望のパチンコ最新作を盛り上げる激アツ情報も!

甘デジ新台「約1/39.9」で右打ち発生…RUSH継続率「90%超」の破格スペック!!

パチスロ大手「ユニバーサル」の主張を全面的に認める判決が確定のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!