NEW

JRA “国枝栄×金子真人”アパパネタッグの「2億1000万円」素質馬がデビュー戦V! 弟は今年のセレクトセールで「3億7000万円」謎の超高額ファミリー

【この記事のキーワード】, , ,

JRA 国枝栄×金子真人アパパネタッグの「2億1000万円」素質馬がデビュー戦V! 弟は今年のセレクトセールで「3億7000万円」謎の超高額ファミリーの画像1

 20日、中山競馬場で行われた5Rの新馬戦(芝1600m)は、1番人気のディープインパクト産駒ロムネヤ(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)が勝利。好スタートを切ってハナを奪うと、直線で並びかけてきたロードカテドラルを二枚腰で抜かせず、最後はクビ差を付けてゴール板を駆け抜けた。

 乗っていた戸崎圭太騎手は、「追い切りで素質は感じていた。どっしりと走って強い競馬だった」と高評価。管理する国枝師も「根性が据わっている」と話し、418キロと小柄ながら同馬のハートの強さをアピールしている。

 戸崎騎手×国枝厩舎のコンビは、先月22日の新馬戦でサトノゼノビアが1番人気13着と大惨敗。今月4日の新馬でもフォーグッドが2番人気6着と敗れていただけに、今回の初陣Vはお互いにとって安堵したかもしれない。

「ロムネヤは三冠牝馬アパパネと同じ、国枝厩舎×金子真人オーナーのタッグ。今回はクビ差でしたが着差以上に強い勝ち方に見えました。無事であれば間違いなく牝馬クラシックに乗ってくる逸材だと思われます」(競馬誌ライター)

 そんなロムネヤは、2019年のセレクトセールにて2億1000万円(税抜)で落札された高額馬。父がロードカナロアに変わった半弟も、今年の同セールで3億7000万円(税抜)で取引されている、“超高額ファミリー”だ。

 母のヤンキーローズはオーストラリア生まれ。現役時は芝1400mの2歳豪G1・ATCサイアーズプロデュースSなど、G1・2勝を挙げた名牝。16年のコックスプレート(豪G1)では、G1・25勝を挙げたオーストラリアの最強牝馬ウィンクスの3着に入るなどの健闘を見せている。

 そのヤンキーローズの父であり、ロムネヤの母父となるオールアメリカンもオーストラリア産馬。09年にVRCエミレーツS(G1)を勝っているが、日本で走った産駒はいないため、ブルードメアとしてもロムネヤが初となる。現時点では未知数と言わざるを得ない馬である。

 ちなみにロムネヤの母母父はザール。JRAでは産駒がのべ335回出走していて僅か6勝。一部では“大コケ”したことで名が通っている種牡馬だ。血統表にザールを持つ馬が新馬戦を快勝したことで、胸が熱くなったファンももしかしたらいたかもしれない。

「母父は未知であり、ザールは大失敗しているにもかかわらず、なぜ産駒が超高額で取引されるのか謎に思われる方もいるかもしれません。ヤンキーローズは現役時に早い時期から活躍しており、1400m~2000mでG1を制しているあたりも評価されているのかもしれません。

また、ディープインパクト×オーストラリア牝馬の産駒にはプリモシーンなどの成功例もあります」(同)

 ちなみに今年1歳で父ドゥラメンテの半妹は、サンデーレーシングにて総額4000万円で募集されている。こちらはクラブ馬ということもあってか、姉や弟に比べると大分リーズナブルな価格となっている。

「今後はクラシックを意識していきたい」

 レース後にそう語った国枝師が見据えるのは、アパパネ、アーモンドアイに続く3頭目の牝馬三冠達成か。母系に未知の魅力がたっぷり詰まったロムネヤの今後に注目していきたい。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA “国枝栄×金子真人”アパパネタッグの「2億1000万円」素質馬がデビュー戦V! 弟は今年のセレクトセールで「3億7000万円」謎の超高額ファミリーのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは