NEW

JRA福永祐一「秋華賞はファインルージュ」か。大器アンドヴァラナウトを断念せざるを得ない事情と「超大物2歳」の存在とは

JRA福永祐一「秋華賞(G1)はファインルージュ」か。大器アンドヴァラナウトを断念せざるを得ない事情と「超大物2歳」の存在とはの画像1

 先週19日のローズS(G2)を快勝したアンドヴァラナウト(牝3歳、栗東・池添学厩舎)の評価がうなぎ登りだ。

 先月末に他界した2015年の二冠馬ドゥラメンテと7/8同血という超良血馬は、キャリア5戦目に1勝クラスを勝ち上がったばかりでありながら秋華賞トライアルで4番人気に支持されるなど、元々ファンの期待の高い存在だ。

 さらに、そのローズSを上がり3ハロン最速の末脚で春の実績組を一蹴すれば、評価が急浮上するのも当然か。鞍上の福永祐一騎手が「G1の舞台でも勝負出来るだけの能力がある」と評したこともあって、下馬評では大本命馬ソダシに次ぐ2番人気に予想する声もあるようだ。

 ただ、その一方でアンドヴァラナウトの秋華賞(G1)制覇の大きな鍵を握るのが、主戦・福永騎手の動向だろう。

 というのも、福永騎手はもう1つの秋華賞トライアル・紫苑S(G3)をファインルージュとのコンビで勝利。こちらは桜花賞(G1)、オークス(G1)と春のクラシックでコンビを組んでいた間柄である。

 ローズSのレース後には、池添学調教師から「秋華賞も乗ってほしい」とラブコールがあったが、あれから3日、正式な発表はまだないようだ。今秋の秋華賞を占うと言っても過言ではない重要な選択だけに、多くのファンが注目しているが、その後の進展はあったのだろうか。

JRA福永祐一「秋華賞はファインルージュ」か。大器アンドヴァラナウトを断念せざるを得ない事情と「超大物2歳」の存在とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!