NEW

パチスロ「ボーナス+AT初当り1/99」…安定感抜群の6号機を特集!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「ボーナス+AT初当り1/99」…安定感抜群の6号機を特集!!の画像1

 パチスロを長く打っていると「○○のような台が好き」といった感情が生まれてくるだろう。筆者は「高設定だと安定する機種が好き」という拘りを持っている。

 逆に苦手としているのは「荒い機種」だ。その代表格と言えば、今年6月にリリースされた『鉄拳4デビルVer.』が挙げられるだろう。

 出玉獲得のメインとなるAT「デビルラッシュ」の初当り確率は「1/1877(設定1)」となり、現行機において「最強レベルに重い機種」と言っても過言ではない。設定1以外の数値は未発表となっているが、AT突入を賭けた「ジャッジメントバトル(1/497.4 ~ 1/476.1)」ですらかなり重い。例え高設定でもATに入れるのは至難の業と言えるだろう。

『鉄拳4デビルVer.』に限った話ではないが、高設定でも初当りが重い機種となれば、ヒキに左右されやすい。開店から閉店まで打ち続けても、負ける可能性は十分に考えられる。

 一方、初当りが軽い機種となれば一撃性は期待できない。ただ、安定して出玉を伸ばすことも可能なのだ。今回は、6号機で初当り(AT)が軽い機種をピックアップしたので紹介したい。

『モンキーターン4』(山佐)

 最初に紹介するのは、5号機から愛され続けている人気シリーズの最新台『モンキーターン4』。1セット40G+α、純増約2.7枚のAT「SG RUSH」で出玉を伸ばしていくAT機だ。

 設定6の初当り確率は「1/160.4」。高設定は、強レア役からのAT直撃当選率や引き戻しモード(天井300G)の移行率が高いと言った特徴がある。一撃性は低いものの、安定した出玉増加が見込めるだろう。

『頭文字D』(サミー)

 大人気アニメ『頭文字D(通称、イニD)』をモチーフにした本機も、高設定をツモった時の安定感はピカイチである。

 1セット40G+α、純増約2.5枚のAT「レジェンドラッシュ」を軸にリアルボーナスを絡めながら出玉を伸ばしていく仕様。設定6のAT初当り確率は「1/175.6」、ボーナス+ATの初当りは「1/99」だ。Aタイプよりも遥かに軽く、ストレスなく打つことができるだろう。

 一度設定6をホールで打ったことがあるのだが、凄まじい安定感を魅せた。とにかくAT突入率が鬼のように軽かった印象だ。一撃枚数は少なかったが、安定して出玉を伸ばすことができた。

『麻雀物語4』(オリンピア)

 最後に紹介するのは、9月6日に導入されたばかりの新台『麻雀物語4』だ。

 純増約2.6枚の差枚数管理型AT「麻雀グランプリ」で出玉を伸ばしていく仕様だが、128G以内のAT当選率は66%overと言われている。

 初当り確率は「1/184.1 ~ 1/142.2」となり、高設定はもちろんのこと低設定でも圧倒的な軽さが特徴だ。

 ここまで軽いと一撃性は限りなく低いと思えるが、高設定をツモった時の安定感は抜群ではないだろうか。まだデビュー間もない状態ではあるが、「遊べる機種」と評価するユーザーも少なくない。今後の動向にも期待したいところだ。

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自身が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

【注目記事】

パチンコ分野に「超絶ブーム」再び!? 甘い確率×100%RUSHマシンなど最新情報が続々!!

パチスロ「高設定」を確信も予期せぬ展開!? ユーザー期待の特別な日に…

甘デジ「10R比率50%超」…リーチ回数で大当り期待度が変化する新概念マシン!!

パチスロ「ボーナス+AT初当り1/99」…安定感抜群の6号機を特集!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!