NEW

反則級「マル外」地方馬が約20馬身差の圧勝デビュー! 地方の怪物爆誕の裏に“異端”一口馬主クラブの先見の明

【この記事のキーワード】, ,

タイキシャトル、グラスワンダーから20年。反則級「マル外地方馬」が約20馬身差の圧勝デビュー! 地方の怪物爆誕の裏に異端の一口馬主クラブの画像1

 珍名馬ママママカロニ(牡2歳、大井・森下淳平厩舎)の3連勝に沸く、大井競馬にさらなる怪物が登場した。

 22日、大井競馬場で行われた3Rの2歳新馬を、1番人気のランディスシティ(牡2歳、大井・森下淳平厩舎)が圧勝。2着ヴァイオイルステラとのタイム差は4.1秒、着差にすると約20馬身差という“異次元”のデビューを果たしている。

 ママママカロニがゴールドジュニア競走(S3)を9馬身差で圧勝してからわずか2日後、大井競馬場が再び若き新鋭の登場で衝撃に包まれた。

 この日、単勝1.0倍という異例の支持を集めたランディスシティは道中こそ2番手だったが、最後の直線で抜け出すと後続を大きく突き放して独走。鞍上の笹川翼騎手の手綱がほぼ動くことなく、2着に4.1秒という大差をつけてゴール板を通過した。

「元々、能力検定の段階でズバ抜けた動きを見せており、関係者の前評判では『ママママカロニよりも上かも』という声もあったほど。ただ、それでも想像以上の強さでした。

それも単純にスピード任せに押し切ったというわけではなく、道中はいつでも抜け出せる手応えがありながら、あえて逃げ馬の前に出ない2番手からの競馬。落ち着いて走れていましたし、高いレースセンスを感じました。今回は1400mでしたが、これなら距離が伸びても十分にやれると思います。

ママママカロニとは同じ森下厩舎で、今から同厩対決が注目されていますが、正直、ランディスシティの方が上かもしれません。まだキャリア1戦だけなので、今後どうなるかという部分はありますが、それでも今日のパフォーマンスは驚異的でした」(競馬記者)

 記者曰く、そもそも父Runhappy、母Involved、その父Speightstownという米国血統のマル外が地方でデビューしていること自体が非常に珍しいという。確かに、父がホッコータルマエで“如何にも地方馬”という血統のママママカロニとは、あまりに対照的だ。

「実は昨年から、大井競馬場を始めとする南関東を主戦場にしたトラヴァーズサラブレッドクラブという一口馬主クラブが始動しており、ランディスシティはその所属馬になります。

トラヴァーズサラブレッドクラブの最大の特徴は、従来なら中央デビューが既定路線となっていた海外の2歳馬、つまりはマル外をあえて地方でデビューさせるというもの。ランディスシティにしても、普通ならJRAでデビューしてもおかしくない馬ですが、大井でデビュー戦を迎え、あのような圧勝劇になりました。

ランディスシティら第1期は募集された4頭中2頭が必要口数の応募が得られなかったことで、日本ではなく米国でデビューすることになるなど、やや苦しい印象だったトラヴァーズですが今後、間違いなく注目を集めることになりそうです」(別の記者)

反則級「マル外」地方馬が約20馬身差の圧勝デビュー! 地方の怪物爆誕の裏に“異端”一口馬主クラブの先見の明のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!