NEW

JRAノーマークの伏兵「渾身逃げ」で大波乱呼び込む!? 打倒・福永祐一シャフリヤールへ「状態はいい」ダービー馬の瞬発力を削ぐための秘策?

JRAノーマークの伏兵「渾身逃げ」で大波乱呼び込む!? 打倒・福永祐一シャフリヤールへ「状態はいい」ダービー馬の瞬発力を削ぐための秘策?の画像1

 26日、中京競馬場では菊花賞トライアルの神戸新聞杯(G2)が芝2200mを舞台に行われる。

 注目はもちろん、第88代ダービー馬のシャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)だろう。4か月ぶりの実戦をこれまでの挑戦者ではなく、結果を求められる立場で迎える。2週前から最終追いまで3週連続で感触を確かめた福永祐一騎手は、追い切りを重ねるごとに良化を感じている様子だ。

 福永騎手曰く、「2週前追い切りでは鈍かった」というシャフリヤールの反応。1週前に強めの負荷をかけると反応も良くなり、最終追い切り後には「楽にいいタイムが出た。自分の力を出し切れば結果は出ると思います」と秋初戦を前に自信をのぞかせた。

 一方で気になるコメントも残している。

 ひと夏を越しての感触・成長を聞かれた福永騎手は「少したくましくなったという感じです。極端な変化は感じませんでした」とダービー前とは対照的にややトーンが低くなる場面もあった。

 それでも今回の神戸新聞杯は相手関係も比較的楽で、10頭立ての少頭数。直線で包まれるような心配も少なく、逃げ馬も不在でスローが濃厚。福永騎手が「今まで乗ってきた馬の中でもトップクラス」と評する自慢の瞬発力を披露する条件は整っている。

 しかし、他陣営もただ手をこまねいて見ているだけにはいかないはずだ。

 中でも、テイエムタツマキ(牡3歳、栗東・武英智厩舎)は今回と同じ中京2200m のすみれS(L)で、前半3ハロン34秒0というハイラップを刻んで逃げている。それ以降は逃げていないが、3走前からブリンカーを装着。逃げ馬不在かつ世代限定戦なら、思い切って逃げる選択肢もあるはずだ。

 もし、テイエムタツマキがハイラップを刻めば、浮上するのが重賞2勝の実績馬ワンダフルタウン(牡3歳、栗東・高橋義忠厩舎)だ。

 陣営は「シャフリヤールとの切れ味勝負では分が悪いので、持久力勝負に持ち込みたい」と明言しており、消耗戦は歓迎。ワンダフルタウンが早め早めに動けば、シャフリヤールの仕掛けも早まり、自慢の切れ味が削がれる可能性は考えられる。

『サンスポ』の取材に対し「もともと使いつつのタイプですし、状態はいい感じ」とまんざらでもないコメントを残しているのは、テイエムタツマキの武英智調教師だ。最終追い切りでも時計は平凡だったが、後続馬に並びかけられた後に差し返す勝負根性を披露。

 菊花賞の出走権確保へ、ノーマークの伏兵が外連味のない逃げを見せれば、大本命馬に一泡吹かせることができるかもしれない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRAノーマークの伏兵「渾身逃げ」で大波乱呼び込む!? 打倒・福永祐一シャフリヤールへ「状態はいい」ダービー馬の瞬発力を削ぐための秘策?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?