NEW

JRA武豊は自身が絶賛するアノ期待馬で参戦! 福永祐一は継続騎乗で歓喜の声も? 超出世レース「最多勝争い」の行方はいかに

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊は自身が絶賛するアノ期待馬で参戦! 一方の福永祐一は継続騎乗で歓喜の声も? 超出世レース「最多勝争い」の行方はいかに?の画像1

 先週に続き、中山と中京の2場開催が予定されている今週の競馬。神戸新聞杯やオールカマー(ともにG2)に注目が集まる中で、比較的マイナー視されているのが、25日(土)の中京9Rに組まれている野路菊Sだ。

 2歳オープンの格付けながら、過去5年の優勝馬はその後、全ての馬が重賞勝ちを収めている同レースは、いわば知る人ぞ知る“超”出世レース。

 昨年の優勝馬ホウオウアマゾンは今年4月のアーリントンC(G3)を制し、一昨年のマイラプソディは次走の京都2歳S(G3)で優勝。2018年のカテドラルは今年9月の京成杯AH(G3)で重賞初制覇を飾り、17年のワグネリアンはご存知ダービー馬に。5年前の16年優勝馬アメリカズカップも、明け3歳できさらぎ賞(G3)を制している。

 過去5年だけでなく、後にG1レースを4勝するメイショウサムソンや、G1・2勝馬ラブリーデイなどが優勝している野路菊S。昨年と一昨年はわずか5頭と、毎年のように少頭数ながら“濃い”メンバーが参戦する、いわば玄人好みのレースでもある。

JRA武豊は自身が絶賛するアノ期待馬で参戦! 一方の福永祐一は継続騎乗で歓喜の声も? 超出世レース「最多勝争い」の行方はいかに?の画像2

 そんな少頭数が定番の野路菊Sだが、今年は8頭が参戦予定。話題を集めているのが、武豊騎手が騎乗するロン(牝2歳、栗東・石橋守厩舎)だ。

 逃げて上がり最速を記録した新馬戦の勝利後、同騎手が「これから楽しみな馬です」と絶賛。実際にラスト3ハロンは全て11秒台と内容も素晴らしく、“超”出世レースでの走りに俄然、注目が集まる。

 1987年にデビューした武豊騎手は、前述したマイラプソディのほか、過去の野路菊Sでは4勝をマーク。現役騎手の中で同レースの勝利数は第2位をキープしている。

 その武豊騎手を抜き、野路菊S「現役最多勝利」の5勝を記録しているジョッキーが、今年はロードリライアブル(牡2歳、栗東・清水久詞厩舎)で参戦する福永祐一騎手だ。

 前出のワグネリアンでそのままダービー(G1)まで上り詰めたほか、カテドラルも勝利に導くなど、その戦績は先輩・武豊騎手を一歩リードしている。

 過去から現在まで、将来有望な2歳馬が激突する野路菊Sで「最多勝争い」を演じるトップジョッキーの2人。ただ、今年デビューした2歳世代にまつわる中心的ジョッキーといえば、福永騎手に軍配が上がる。

JRA武豊は自身が絶賛するアノ期待馬で参戦! 福永祐一は継続騎乗で歓喜の声も? 超出世レース「最多勝争い」の行方はいかにのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!