NEW

JRA武豊は自身が絶賛するアノ期待馬で参戦! 福永祐一は継続騎乗で歓喜の声も? 超出世レース「最多勝争い」の行方はいかに

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊は自身が絶賛するアノ期待馬で参戦! 一方の福永祐一は継続騎乗で歓喜の声も? 超出世レース「最多勝争い」の行方はいかに?の画像3

 なんといっても、今夏の新馬戦で圧倒的な勝利数を誇る福永騎手。2歳馬への騎乗依頼は引く手あまたで、野路菊Sでロードリライアブルへの継続騎乗が決定するや否や、同馬のファンから「本当に良かった」など、ファンから歓喜の声があがるほどだ。

 実は同馬の新馬戦に騎乗していたのは、デビュー3年目の岩田望来騎手。逃げて2着に終わったレース後は、「今回は逃げた分、次走では教えないといけないこともあります」と、やや反省も垣間見えるコメントを残していた。

 一方、2戦目の未勝利戦で同馬を勝利に導いた福永騎手は「道中は馬のリズムを守って大事に乗って、切れるか分からなかったので早めに外へ出しましたが、いい内容で勝てました」とコメント。

 経験の浅い2歳馬を気遣いながら、大事に騎乗して勝利に導く確かな騎乗技術を披露するなど、同馬のファンの支持を大いに集めている理由がわかる発言を残している。

 武豊騎手や福永騎手が参戦するだけでなく、グーデンドラークやマテンロウスカイら評判馬が集結した野路菊S。今年も少頭数ながら“濃い”メンバーが集まった2歳のオープン戦に、是非とも注目して欲しい。

(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRA武豊は自身が絶賛するアノ期待馬で参戦! 福永祐一は継続騎乗で歓喜の声も? 超出世レース「最多勝争い」の行方はいかにのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?