NEW

新台『ファンキージャグラー2』など大物が続々! 10月4日パチスロ導入リスト!!

【この記事のキーワード】, ,

新台『ファンキージャグラー2』など大物が続々! 10月4日パチスロ導入リスト!!の画像1

 大一商会の『パチスロうしおととら 雷槍一閃』やコナミアミューズメントの『マジカルハロウィン~Trick or Treat!~』といった6.2号機が登場した9月に続き、10月もビッグタイトルが目白押し。

 4日からの週にはミズホの『SLOTタブー・タトゥー』、オーイズミの『パチスロかまいたちの夜』、サミーの『パチスロツインエンジェルPARTY』、北電子の『ファンキージャグラー2』、山佐ネクストの『ニューパルサーDX3』の5機種がホールデビュを果たす。

 1G純増約約5.5枚のAT「ヴォイドドライブ(VD)」を出玉増加の主軸とする『SLOTタブー・タトゥー』は、自力でボーナス解除に挑める「呪紋ストックシステム」を採用。呪紋は通常時のチャンス役成立時の抽選クリアや呪紋ストックチャレンジ成功で獲得でき、呪紋使用時のボーナス期待度は、そのタイミングで大きく変化する。

 ボーナスやCZを経て発動するVDは8G固定、ショートタイプのセット管理型で、継続率は約75%or90%。8G以内に呪紋絵柄が揃えば次セット継続確定で、その呪紋揃いはリール上のみならず液晶上で揃うパターンもある。また、VD中はハズレを引くほど次セットで継続確定の「ストーリーVD」へ突入しやすいといった特徴もある。

 新世代難易度選択システム第2弾の『パチスロかまいたちの夜』は複数のボーナスと完走型RTで出玉を増やす仕様で、通常時128Gor256G消化、ボーナス終了後やRT消化後は「運命分岐モード」へ移行。この間は「中を押せ」発生後に左or右ボタンを押すことで難易度を選択でき、左の難易度低「天運」選択時は75%でRT50Gを獲得できる。

 右の難易度高「自力」を選択した場合は左リールに2連シルエット絵柄のビタ押し成功でRT50Gが発動。どちらも失敗時はRT30Gとなるが、目押しが正確ならば確実にRT50Gを手繰り寄せられ、この目押しとビッグ中のビタ押しが完璧ならば設定1でも機械割は102%に達する。

 萌えスロの代名詞とも言える『パチスロツインエンジェルPARTY』は、シリーズ史上最高の遊びやすさが魅力。ボーナス合算出現率は約199分の1、ボーナス+CZ合算出現率は約99分の1(共に設定1)で、通常時は出現率約199分の1のチャンスチェリーを引くことでCZへ突入する。

 ベル4回入賞+ジャッジ3GのCZ中はステージ対応のアクションが発生し、これをクリアできれば1G純増約2.0枚のAT「エンジェルチャンス」がスタート。同ATへはビッグなどからも突入し、ここからAT「デートタイム」への昇格を目指すといったゲーム性だ。

 6号機『ジャグラー』シリーズ第2弾の『ファンキージャグラー2』は、先代を踏襲しつつもパワーアップしたド派手な演出がウリで、プレミアムパターンも豊富に用意されている。

 ビッグ出現率は設定1:266.4分の2~設定6:219.9分の1、REG出現率は設定1:439.8分の1~設定6:262.2分の1(合算出現率は設定1:165.9分の1、設定6:119.6分の1)とややビッグ偏向な点も先代譲りで、設定6の機械割が109%と高い点も見逃せないポイントのひとつだ。

『ニューパルサー』シリーズのニューパルイヤー(28周年)を飾る最新タイトル『ニューパルサーDX3』は、告知ランプ「ゲコゲコランプ」を搭載した完全告知機。ビッグ中には簡単な技術介入要素があり、順押しで左リールにBAR絵柄、中リールにカエルを狙って1回だけベルを入賞→以降は逆押しフリー打ちするだけで最大259枚の払い出しを得られる。ちなみに、REGは104枚固定だ。

【注目記事】

甘デジ「50%約2400発」「約90.5%RUSH」マシンに続き激熱タイトル始動!!

パチンコ多彩なルートから「高ループ×最大1400発」の強力RUSHを楽しめる!!

パチンコ「一撃5万発」も続出させた超大物シリーズ…注目の最新作が始動!!

新台『ファンキージャグラー2』など大物が続々! 10月4日パチスロ導入リスト!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!