NEW

岩田康誠、元JRA藤田伸二氏らバッシングに応戦!? 「叩く人もいるが、騎手は勝ってナンボ」前代未聞の騎乗停止から持論を展開

【この記事のキーワード】, ,

岩田康誠、元JRA藤田伸二氏らバッシングに応戦!? 「叩く人もいるが、騎手は勝ってナンボ」前代未聞の騎乗停止から持論を展開の画像1

 23日、浦和競馬場のダート1400mを舞台に行われたテレ玉杯オーバルスプリント(G3)は、岩田康誠騎手が騎乗した2番人気テイエムサウスダン(牡4歳、栗東・飯田雄三厩舎)が優勝。2番手追走から逃げるアランバローズを3コーナーで早めに捕え、そのまま力強く押し切った。

 2着に外から追い込んだティーズダンク、3着にはアランバローズの地方勢が入り、単勝1.8倍の1番人気に支持されたラプタスはまさかの10着と大敗した。

 勝ったテイエムサウスダンは高知の黒船賞(G3)に続いて交流重賞2勝目。11月に金沢で開催されるJBCスプリント(G1)出走に向けて賞金を加算した格好だ。

 騎乗していた岩田康騎手にとっても、今回の勝利は格別のものだったことは間違いない。

 今年4月、レース前の返し馬の際、後輩騎手の騎乗馬に“幅寄せ”、暴言を吐くなど前代未聞の事件を起こしたことで、翌日から14日間(開催4日)の騎乗停止。そのため、同馬の前走、5月3日のかきつばた記念(G3)は騎乗が不可となり、福永祐一騎手に乗り替わりとなっていた。

 同騎手は5月9日の中京競馬で戦列に復帰し、鞍馬S(OP)で復帰後初勝利を挙げ、渾身のガッツポーズを決めたが、これが波紋を呼ぶ事態に……。

 わずか2週間前に前代未聞の事件を起こしながら、派手なパフォーマンスを披露した“空気の読めなさ”に不快感を覚えたファンも多く、SNSやネットの掲示板などでは「ガッツポーズはダメだろ」など、猛烈な“岩田バッシング”が巻き起こった。

 なかでも元JRA騎手の藤田伸二氏は、自身のTwitterに「あんなんしてホンマにええの?」と投稿。“幅寄せ事件”にも厳しい意見を述べていた藤田氏だったが、反省の色が見られなかった同騎手を「呆れて言葉も無い……………」「悲しい奴だ…」(原文ママ)と完膚なきまでに切り捨てている。

 そんな岩田康騎手だが、今回の勝利騎手インタビューで「前回は僕が事件を起こしてしまい乗れなかったんですが……」といきなり自虐ネタから入ると、「その分も込めて自分で攻め馬をして、納得する馬作りをしてレースに挑んだ」とコメント。

 その後もとつとつとレースを振り返っていた同騎手だったが、インタビュー終盤になると突如として、バッシングに対しての“反撃”が始まった。

岩田康誠、元JRA藤田伸二氏らバッシングに応戦!? 「叩く人もいるが、騎手は勝ってナンボ」前代未聞の騎乗停止から持論を展開のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!