NEW

JRAレイパパレ「軽視」で爆穴勝負!? オールカマー(G2)で狙いたいのはあの馬たち!

【この記事のキーワード】, ,

JRAレイパパレ「軽視」で爆穴狙い!? オールカマー(G2)で狙いたいのはあの馬!の画像1

 今回は26日に開催されるオールカマー(G2)を予想していきたいと思う。

 先週のセントライト記念(G2)はしてやられた。ローテーションから考えても実績から考えてもアサマノイタズラは買えた1頭だが、前走のラジオNIKKEI賞(G3)があまりに負けすぎていたので、軽視してしまった。

 オーソクレースに関しては、来たら来たで仕方ないとしか言いようがない。休養前がG1で2着していたとは言え、9カ月の休み明けで重賞を好走するとはさすがに思えなかった。

 改めて気を取り直してオールカマーの予想に戻ろう。舞台は先週のセントライト記念と同じ、中山の芝2200mだ。

 天皇賞・秋(G1)の前哨戦ということで、やはりレースレベルはそれなりに高い。過去10年の好走馬を見てもG1で勝ち負けするような一線級の馬も見られるなど、並みのオープン馬では歯が立たない。

3着内に入った馬の前走を見ると、
宝塚記念 8頭
七夕賞 3頭
天皇賞・春 2頭
ヴィクトリアマイル 2頭
目黒記念 2頭
安田記念・京都記念・札幌記念・中日新聞杯・小倉記念・新潟大賞典・AJCC・マーメイドS 各1頭
海外遠征帰り 2頭
オープン特別 3頭
となっている。

 宝塚記念(G1)で春を終えて、秋の始動戦にここを選んだ馬に好走例が多い。逆に前走オープン特別だった馬は3頭しかおらず、前走がオープン特別だった馬は割り引いていいだろう。

人気別で見てみると、
1番人気 3-2-1-4
2番人気 2-2-2-4
3番人気 1-3-2-4
4~6番人気 3-2-3-22
7~9番人気 1-1-1-27
10番人気以下の馬は3着が1回あるのみなので、度外視できよう。

 ちなみに過去5年に絞ると1番人気は2勝2着1回、2番人気は2着1回3着1回、3番人気は2着3回3着2回と3番人気はパーフェクトに馬券に絡んでいる。

 これらを踏まえて「◎」は1番ウインマリリンとする。

 前走は牝馬ながら日経賞(G2)を快勝しての天皇賞・春に参戦。出遅れたものの5着まで入ってきたのは地力の高さを示すものだろう。陣営もひと夏越えての成長があり、コース設定もうってつけと色気十分。相手関係が厳しいのは確かだが、ここを勝ってのG1参戦と行きたいところだろう。

「○」は12番レイパパレ。

 実績は出走馬中トップ、ローテーションも条件と合致し、1番人気のデータを考えても外す要素はない。ないのだが、個人的にはこの馬の実力をあまり高く評価していない。

 無敗の6連勝で大阪杯(G1)制覇、しかも3冠馬コントレイルと短距離女王グランアレグリアを完封しての1勝だった。が、これは多分に展開と条件に恵まれたもので、実力あっての勝利ではないと見ている。3歳時、秋華賞(G1)の抽選に漏れて出走が叶わなかったこともあり、「幻の秋華賞馬」などとも言われるが、どうも運に左右される馬という印象だ。

 宝塚記念でクロノジェネシスに0.5秒差の3着と完敗しているが、これが実力の最上限だったのではないか、と考える。陣営は気性面での成長が見られるなど、自信を覗かせているが、あっさり負けてもおかしくはないと考え、ひとつ印を落とした。

JRAレイパパレ「軽視」で爆穴勝負!? オールカマー(G2)で狙いたいのはあの馬たち!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!