NEW

JRA【スプリンターズS(G1)展望】叩かれ「上昇」レシステンシアVS春秋スプリント王狙うダノンスマッシュ!逃げ馬揃った秋のG1開幕戦は「激流」必至!?

JRA【スプリンターズS(G1)展望】叩かれ「上昇」レシステンシアVS春秋スプリント王狙うダノンスマッシュ!逃げ馬揃った秋のG1開幕戦は「激流」必至!?の画像1
レシステンシア 撮影:Ruriko.I

 10月3日には、中山競馬場で秋のG1開幕戦、スプリンターズS(G1)が行われる。グランアレグリアが直線一気の末脚を披露してから1年。今年は先行力が魅力のあの牝馬が中心となりそうだ。

 2年前の阪神JF(G1)でレコード勝ちを収めたレシステンシア(牝4歳、栗東・松下武士厩舎)が充実の4歳秋を迎えようとしている。

 2歳女王に輝いた後、3歳春は桜花賞(G1)とNHKマイルC(G1)で1番人気を裏切る2着。昨秋はマイルCS(G1)で古馬に挑んだが8着に敗れ、4歳となった今年はスプリント路線に矛先を向けてきた。

 今年初戦は、久々に距離を短縮し臨んだ阪急杯(G3)。阪神芝1400mのコースレコードとなる1分19秒2をマークし、逃げ切り勝ちを収めた。

 続く高松宮記念(G1)は初のスプリント戦。18頭立ての16番枠から先行馬を前に見る形で中団外目につけると、直線ではダノンスマッシュ、インディチャンプと3頭の争い。最後はダノンスマッシュにクビ差及ばなかったが、スプリンターとしての適性は十分見せた。

 その後は再び距離を延ばしヴィクトリアマイル(G1)でグランアレグリアに挑んだが、ここでも大外18番枠と枠順に恵まれず。武豊騎手を背に外目3番手の好位にとりつき、いい形で最後の直線を迎えたが、速い時計が出る馬場で切れ負けする形の6着に沈んだ。

 そして前走は2度目のスプリント戦となったセントウルS(G2)。2番手の内で先行し、直線早めに先頭に立つと、ピクシーナイトの急襲をクビ差しのいで重賞4勝目を挙げた。

 逃げ馬がそろった今回はハナ争い激化が予想され、人気を背負う分、無理に出していかないだろう。4~5番手からの競馬が濃厚か。秋初戦を勝利で飾り、充実ぶりが光る今なら、ある程度前目の位置につければ好勝負をしてくれるだろう。

 陣営は一度使っての上積みを強調していて、前走以上のパフォーマンスを期待できそう。高松宮記念をクビ差で逃した半年前の悔しさを晴らすときがきた。

JRA【スプリンターズS(G1)展望】叩かれ「上昇」レシステンシアVS春秋スプリント王狙うダノンスマッシュ!逃げ馬揃った秋のG1開幕戦は「激流」必至!?の画像2

 そのレシステンシアを高松宮記念で破ったのがダノンスマッシュ(牡6歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 4年前の朝日杯FS(G1)5着に始まり、G1ではなかなか勝てず。昨年のこのレースで2着に敗れたときには、デビューからG1の連敗は「8」に伸びていた。

 ところが、昨年12月の香港スプリント(G1)で地元の快速馬たちを蹴散らすと、続く高松宮記念も中団から差し切ってG1を2連勝。それまでの勝負弱い姿は消え去っていた。

 春2戦目は再び香港に遠征。高松宮記念から中3週でチェアマンズスプリントプライズ(G1)に臨んだが、ここは6着に敗れた。もともと休み明けの方が高いパフォーマンスを発揮できるタイプで、中3週での海外遠征はさすがに堪えたか。

 そういう意味で、今回は十分間隔を空ける5か月ぶりのぶっつけでG1・3勝目を狙いにきた。これまでで最も長いレース間隔にはなるが、8月下旬に帰厩後は坂路で追い切りを重ねており、心配は無用だろう。

 1週前には栗東の坂路で4F50秒0の1番時計をマーク。安田隆調教師も「文句なしの調教」と好感触をつかんでおり、13年の父ロードカナロアと同じ春秋スプリント制覇を見据える。

JRA【スプリンターズS(G1)展望】叩かれ「上昇」レシステンシアVS春秋スプリント王狙うダノンスマッシュ!逃げ馬揃った秋のG1開幕戦は「激流」必至!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!