NEW

JRAレイパパレ「挫折」に深刻理由!? 川田将雅「早めに動かされた」M.デムーロ奇襲でプラン崩壊、秋G1で立ちはだかった最重要課題

【この記事のキーワード】, ,

JRA川田将雅「早めに動かされた」レイパパレ挫折に深刻理由!? M.デムーロ奇襲でプラン崩壊、秋G1で立ちはだかった最重要課題の画像1

 26日、中山競馬場で開催されたオールカマー(G2)は、横山武史騎手の2番人気ウインマリリンが優勝。5着に敗れた春の天皇賞(G1)以来の復帰戦で白星発進を決めた。

 約5ヶ月ぶりの休み明けで、馬体重は前走から14キロ増も成長分だったか。450キロ台で走っていた昨年に比べて充実ぶりが伝わってくる。1番人気タイトルホルダーに騎乗したセントライト記念(G2)を、13着と人気を裏切った横山武騎手にとっても嬉しい勝利となった。

 そんなウインマリリンに対し、単勝オッズ2.1倍と抜けた1番人気の支持を受けながら4着に敗れたのが、川田将雅騎手のレイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)だ。

JRA川田将雅「早めに動かされた」レイパパレ挫折に深刻理由!? M.デムーロ奇襲でプラン崩壊、秋G1で立ちはだかった最重要課題の画像2

「前走より具合も雰囲気も良く、道中我慢してくれました。ただ、早めに動かされた分、ゴール前で苦しくなってしまいました」

 川田騎手がレース後のコメントで振り返った大本命馬の敗因。誤算となったのは、3~4コーナーに掛けて外からマクっていったM.デムーロ騎手とグローリーヴェイズの奇襲だろう。

 16頭立て芝2200mのレース。大方の予想通り、ロザムールが逃げる展開でレイパパレは2番手からの追走。最後の直線で前の馬を交わして先頭を奪うのが、これまでの勝ちパターンだった。

 だが、グローリーヴェイズが早めに上がったため、これに伴って後続の追い上げがワンテンポ早くなる。川田騎手としては、自分のタイミングで仕掛けたいところだったが、自ら動かざるを得ない展開になってしまった。

「結果的に早仕掛けすることになったのが、最後の直線で踏ん張り切れなかった理由でしょうか。本来なら二段ロケットで差を広げたいところを、1ハロン早いタイミングで脚を使わされたことも響いてか息切れしました。

ただ、この敗戦を“負けて強し”と評していいのかは疑問が残ります。直線で叩き合ったグローリーヴェイズにも競り負けましたし、レイパパレが壁になって追い出しが遅れたウインマリリンだけでなく、さらに後ろのウインキートスにも後れを取りました。

冷静に振り返れば負けるべくして負けたといった方がしっくりくる感じです」(競馬記者)

 立ちはだかったのは、あと1ハロンの壁である。

JRAレイパパレ「挫折」に深刻理由!? 川田将雅「早めに動かされた」M.デムーロ奇襲でプラン崩壊、秋G1で立ちはだかった最重要課題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!