NEW

JRA「確勝」シャフリヤール轟沈に注目の上がり馬も脱落! 「波乱必至」の菊花賞で絶対に舐めてはいけない穴馬を発見?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「確勝」シャフリヤール轟沈に注目の上がり馬も脱落! 「波乱必至」の菊花賞で絶対に舐めてはいけない穴馬を発見?の画像1

「もしかしたら今年の菊花賞(G1)は、大波乱が待っているかもしれない」

 そんな予感をさせるのに十分だったのは、今年も中京競馬場で行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)だ。昨年はコントレイルが貫録の違いを見せつけて勝利している。2着ヴェルトライゼンデとの着差は2馬身とはいえ、全く危なげのない内容。その後の無敗三冠に一寸の隙も見せない圧勝劇だった。

 これに対し、今年の3歳牡馬クラシック路線は、依然として混沌とした状況が続いている。

 皐月賞(G1)を楽勝し、2年連続無敗三冠を期待されたエフフォーリアは、二冠の懸かった日本ダービー(G1)でシャフリヤールの強襲に屈してハナ差の2着に惜敗。主戦である横山武史騎手の若さもあって、ベテランになって円熟味を増した福永祐一騎手の技あり騎乗に苦杯を嘗めた。

 ただ、若手有望株の経験不足で不覚を取った敗戦だけに、同世代では抜けた存在という評価に翳りはない。菊花賞に出て来たなら1番人気に支持されても不思議ではない実力馬である。

 ところがそのエフフォーリア陣営が秋に選択したのは、菊花賞ではなく古馬相手の天皇賞・秋(G1)。距離延長に不安のあったコントレイルも、思わぬ苦戦を強いられたとはいえ勝利を手にした舞台。無敗でこそなくなったが、エフフォーリアが皐月賞、菊花賞の二冠を狙わなかった理由は不可解にも映る。

 そしてこの選択が招いたのが、神戸新聞杯におけるシャフリヤールの人気一本被り。朝から降り続いた雨の影響で不良馬場での開催となり、ダービー馬は“らしさ”を見せられないまま4着と人気を裏切った。

 後ろ過ぎる位置取りから、馬群の中を突く競馬でステラヴェローチェが快勝したものの、同じくバゴ産駒のクロノジェネシスが重の鬼であるのと同様、雨でぬかるんだ馬場が勝ち馬の好走を後押ししたことは間違いない。

「シャフリヤールとステラヴェローチェの一騎打ちという下馬評のレースでしたが、個人的に最も印象に残ったのはレッドジェネシスです。道中は人気2頭の間に位置取り、内を伸びて2着。

交わされはしましたが、勝ち馬との着差は半馬身とわずかで3着には3馬身と決定的な差をつけて、シャフリヤールにも4馬身半の先着をしています。

本番でステラヴェローチェは挑戦者の立場から主役級へと変わるため、同じ乗り方は出来なくなるでしょう。今回の激走をフロック視されるようだと怖い存在になりそうですよ」(競馬記者)

JRA「確勝」シャフリヤール轟沈に注目の上がり馬も脱落! 「波乱必至」の菊花賞で絶対に舐めてはいけない穴馬を発見?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!