NEW

元JRA藤田伸二氏「ユタカさんにはがっかり」、メイケイエール池添謙一にアドバイスしたスプリンターズS(G1)の大胆作戦の内容とは

元JRA藤田伸二氏「ユタカさんにはがっかり」、メイケイエール池添謙一にアドバイスしたスプリンターズS(G1)の大胆作戦の内容とはの画像1
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 10月3日、中山競馬場では第55回スプリンターズS(G1)が行われる。注目は近年屈指のハイレベル世代と呼び声が高い3歳馬だ。

 古馬との混合戦が始まった6月以降、オールアットワンス、ヨカヨカ、そしてレイハリアの牝馬3頭が1200m以下の短距離レースを勝利。斤量に恵まれた部分もあったが、古馬牡馬相手に世代レベルの高さを見せつけた。

 しかし、今週末のスプリンターズSでその3頭の姿を見ることはない。

 ヨカヨカは本番を前に故障を発生。競走能力喪失と診断され引退。オールアットワンスとレイハリアは特別登録もせず、結局3歳馬の出走はピクシーナイトとメイケイエール(牝3歳、栗東・武英智厩舎)の2頭だけになりそうだ。

「どんな競馬を見せてくれるのか」という点でより注目度が高いのはメイケイエールの方だろう。

 デビューからその類い希なるスピードを生かし、重賞を3勝した一方で、前向きすぎる気性が災いし、特に近2走では鞍上の制御が利かず、直線で失速するという残念な競馬が続いている。

元JRA藤田伸二氏「ユタカさんにはがっかり」、メイケイエール池添謙一にアドバイスしたスプリンターズS(G1)の大胆作戦の内容とはの画像2
池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 今回は武豊騎手から池添謙一騎手に乗り替わりとなるが、気の向くままに逃がすのか。それとも無理にでも抑え込んで末脚に懸けるのか。その戦法に注目が集まっている。

 武英調教師は『東京スポーツ』の取材に「馬の後ろで我慢が利いた時は結果が出ていますからね。池添騎手も我慢の利くジョッキーなので、そのあたりで良さを生かしてほしいと思っています」と答えており、どうやら陣営の腹はある程度決まっているようだ。

 そんなメイケイエールを独自の視点で切り込んだのは、JRA通算1918勝を誇る元騎手の藤田伸二氏だ。

 藤田氏は今月24日に自身のYouTubeチャンネルで「雑談しようぜ‼」と題して生配信を敢行。特にテーマを定めず、視聴者からの質問などにも答える形で約1時間にわたって語り尽くした。

 その配信中、ある視聴者からメイケイエールと池添騎手の新コンビついての感想を問われた藤田氏。「面白いと思うよ」と即座に反応すると、前走7着に敗れたキーンランドC(G3)での走りをこう振り返った。

元JRA藤田伸二氏「ユタカさんにはがっかり」、メイケイエール池添謙一にアドバイスしたスプリンターズS(G1)の大胆作戦の内容とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?