NEW

JRA「空気を読まない」ビアンフェの暴走再び!? かつての逃げ馬天国は地獄に一変、今年のスプリンターズS(G1)は一筋縄では収まらない予感

JRA「空気を読まない」ビアンフェの暴走再び!? かつての逃げ馬天国は地獄に一変、今年のスプリンターズS(G1)は一筋縄では収まらない予感の画像1

 今週末には、秋G1開幕を告げる電撃の6ハロン戦・スプリンターズS(G1)が中山競馬場で開催される。

 昨年の勝ち馬グランアレグリアは秋の天皇賞を選択したものの、2着馬のダノンスマッシュはG1の勲章を手に入れ、新たにレシステンシアやジャンダルムなどの新勢力が参戦。強力メンバーによる戦いが繰り広げられそうだ。

 出走馬の確定も近づき、気の早いファンは既に予想に取り掛かっているかもしれないが、一筋縄ではいかなさそうな雰囲気も漂うのが、出走を予定しているメンバーの顔触れ。無視できないのは逃げ先行馬の多さである。

 熱戦の舞台となる中山の芝1200mは、前に行った馬にとって有利な条件だ。過去のスプリンターズSでも2001年から10年の間には、4コーナー先頭で逃げ切った馬が5頭。勝率にして5割という驚異的な相性の良さを誇っていた。

■2001年から10年のスプリンターズSで4コーナー先頭の逃げ馬
04年カルストンライトオ
06年テイクオーバーターゲット
07年アストンマーチャン
09年ローレルゲレイロ
10年ウルトラファンタジー

 しかし、この“前残り天国”ともいえる状況は、11年からの10年で一変する。実は直近の過去10年だとあれだけ穴を開けていた逃げ馬の勝利がないのである。一応、馬券圏内には5度入っているため、まったくダメという訳ではないのだが、以前ほどの活躍は出来ていない。

 具体的にどういった変化がこの結果に影響したのかは不明だが、少なくとも一昔前の「前にいる馬を狙えばいい」という傾向はもはや形骸化しつつあるといえそうだ。

JRA「空気を読まない」ビアンフェの暴走再び!? かつての逃げ馬天国は地獄に一変、今年のスプリンターズS(G1)は一筋縄では収まらない予感の画像2

 そして、今年もこれに当てはまりそうなのが、ビアンフェの存在だ。同馬は昨年のスプリンターズSでゲート入りにてこずった上、逃げたモズスーパーフレアに対し、執拗に競り掛けた。

 この影響もあってか前半3ハロンは32秒8という激流を生み、前々で競馬をした組は総崩れ。力が抜けていたグランアレグリアが、スタートで出遅れても突き抜けたのはともかく、最後の直線で最後方にいた10番人気のアウィルアウェイが3着に食い込んで、波乱を起こした。

 さすがにこれには元騎手の藤田伸二氏も「ユウスケ何したかったんかの~」と、ビアンフェで“暴走”を演じた藤岡佑介騎手の騎乗を疑問視。また、モズスーパーフレアが人気馬だったこともあり、一部のファンからはネットの掲示板やSNSで「空気を読め」「何しに出て来た」といった不満の声も噴出することとなった。

JRA「空気を読まない」ビアンフェの暴走再び!? かつての逃げ馬天国は地獄に一変、今年のスプリンターズS(G1)は一筋縄では収まらない予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?