NEW

JRA 「世界の壁」痛感させられた凱旋門賞(G1)現地競馬専門紙と優勝騎手が指摘した“敗因”

 今週末のパリロンシャン競馬場では第100回目の凱旋門賞(G1)が開催される。これまで全て欧州馬が勝利している伝統のG1だが、節目の開催で新たに歴史に名を刻む馬は現れるのだろうか。

 同レースの大きな特徴として年齢による「斤量差」が挙げられる。3歳牡馬が56.5kg、3歳牝馬が55.0kg、4歳以上牡馬が59.5kg、4歳以上牝馬が58.0kgを課せられる。そのため、同性の3歳馬と古馬で発生する「3キロ」の斤量差がレースのカギとなっている。

 昨年まで99回行われている凱旋門賞だが、1番多く勝っているのが3歳馬だ。その数は、約6割に該当する60回と圧倒的に多い。また4歳馬は30回とまずまずの数字を残しているものの、5歳馬は8回で6歳馬は未勝利と、馬齢を重ねるに連れて優勝回数が大きく減少している。

 そのため、3歳馬の凱旋門賞出走は、非常に有利ともいえる。特に日本の競馬ファンが「今年こそは」と、思って観戦したのが14年の凱旋門賞だった。この年は、3歳馬を含む日本馬3頭が出走していた。

 その期待の3歳馬がハープスターだ。日本国内では7戦5勝7連対と抜群の成績を誇っており、父ディープインパクト譲りの鋭い決め手が武器。当時の3歳牝馬は54.5kgと現在より軽く、4歳以上牡馬とは5キロの斤量差があったため、父が果たせなかった凱旋門賞優勝の夢を託したファンも多かった。

 また、他の2頭も凱旋門賞制覇が十分期待できる器だった。特に期待していたファンがいたのが、ジャスタウェイである。

 同馬は4歳秋に天皇賞・秋(G1)を勝利してG1馬へ仲間入りを果たすと、一気に能力が開花。翌年3月のドバイデューティーフリー(G1)では、2着に6馬身以上の差をつけて圧勝。それらが評価されて、2014年ロンジンワールドベストレースホースランキング1位に躍り出た。

 もう片方が「黄金の不沈艦」や「暴君」といった愛称で、今もなお親しまれているゴールドシップだ。

 前走の札幌記念(G2)こそハープスターに僅差で敗れたが、2走前の宝塚記念(G1)では3馬身差の快勝で連覇を達成。スタミナが自慢の馬であるため、欧州のタフな馬場もこなせるのではと期待したファンも多かっただろう。

JRA 「世界の壁」痛感させられた凱旋門賞(G1)現地競馬専門紙と優勝騎手が指摘した“敗因”のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合