NEW

JRA武豊、L.デットーリ&R.ムーア“共同戦線”に大興奮!? 「初めてだから楽しみ」A.オブライエン厩舎が世界から称賛された5年前の衝撃

JRA武豊、L.デットーリ&R.ムーア共同戦線に大興奮!? 「初めてだから楽しみ」A.オブライエン厩舎が世界から称賛された5年前の衝撃の画像1

「参加するのは初めてだから楽しみですよ」

『スポニチ』のインタビューにそう抱負を語った武豊騎手は10月3日、パリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)へ愛国馬のブルームで参戦する。「初めて」とは無論、凱旋門賞の騎乗ではなく、世界的成功を収めるA.オブライエン厩舎のミーティングだ。

 武豊騎手にとって、強く印象に残っているであろうレースが2016年の凱旋門賞だ。この年、残念ながら凱旋門賞の騎乗馬がなく、レース中継を行ったグリーンチャンネルの解説を通じて日本競馬を応援していた。

「道中は中団、そして馬群の中からスルスルと伸びて、早め先頭で押し切りました――」

 レースは、日本のダービー馬として期待されたマカヒキが大敗した一方、ファウンド、ハイランドリール、オーダーオブセントジョージを送り込んだオブライエン厩舎がワン・ツー・スリーを達成。世界の強豪を押し退け、凱旋門賞を一色に染めた衝撃的な結末だった。

 そしてレース後、武豊騎手がすぐに指摘したのが、オブライエン厩舎の3頭による「チームプレー」だった。

 当時の実況にもあった通り、勝ったファウンドは、中団のインから最後の直線で難なく前方が開けての快勝。距離ロスがない分、最後は前を行く馬たちが壁になり、包まれる危険性があるという競馬のセオリーを無視した“反則”のような勝利だった。

 しかし、これこそがオブライエン厩舎の狙いだったのは明白だ。何故なら、ファウンドの前を走っていたのはハイランドリール、オーダーオブセントジョージというオブライエン勢だったからだ。

 前を行く2頭がファウンドの進路を確保することで、最内というハイリスク・ハイリターンのリスクだけを排除できれば、この年だけで5戦連続G1連対を果たしていた世界女王が突き抜けるのも当然か。

 日本競馬では認められていない複数頭によるチームプレーだが、欧州では逆に各方面から「見事な連係プレー」と賞賛を集めたことは、多くのファンが記憶しているところだろう。勝ち時計は凱旋門賞レコードを更新していた。

 あれから5年。武豊騎手は9度目の挑戦にして初めて「チーム・オブライエン」として凱旋門賞へ挑む。

 チームメイトは昨年の英オークス馬ラヴに、今年の英オークスで16馬身差という“衝撃”を残したディープインパクト産駒のスノーフォール。鞍上がL.デットーリ騎手とR.ムーア騎手とくれば、武豊騎手でなくとも興奮するだろう。

 残念ながら、武豊騎手のブルームが3頭の中で最も格下であることは否めない。場合によっては、最後の直線でラヴやスノーフォールに進路を譲るシーンがあるかもしれない。だが、相棒の手応えが残っている限り、最後の最後まで1着を狙ってほしい。日本で応援する多くのファンがそう願っているはずだ。

(文=銀シャリ松岡)

<著者プロフィール>
 天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA武豊、L.デットーリ&R.ムーア“共同戦線”に大興奮!? 「初めてだから楽しみ」A.オブライエン厩舎が世界から称賛された5年前の衝撃のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?