NEW

パチスロ「朝一からトラブル」でボロ負け!? BIGを一度も引けない「終始地獄」となった最悪の展開とは…

【この記事のキーワード】,

パチスロ「朝一からトラブル」でボロ負け!? BIGを一度も引けない「終始地獄」となった最悪の展開とは…の画像1

 ひろ吉のパチスロ「実戦」紹介。今回は『沖ドキ』シリーズ2機種目、『沖ドキ!トロピカル(以下、沖トロ)』について書いていきたい。

 通常時は毎ゲーム、成立役に応じて抽選を行い、ハイビスカスランプ点灯で疑似ボーナス確定というシンプルなゲーム性となっている。ボーナスは2種類でAT70Gの「びっぐぼーなす(以下、BIG)」と、AT20Gの「れぎゅらーぼーなす(以下:REG)」。

 主にボーナス当選時のモード移行で天国を目指し、そこからどれだけループさせられるかが出玉増加の鍵となる。

 天国のループ率は、レア役以外の場合、奇数なら74.61%、偶数なら66.41%、レア役当選の場合は、天国以上が確定。また本機には、天国よりもループ率の高いドキドキ(約80%)、超ドキドキ(約90%)も存在するなど、一撃性も秘めたマシンとなっている。

 そんな『沖トロ』を筆者の友人が「旧イベント日」に実戦したとの情報をいただいたので紹介しよう。

 この日は、抽選時間よりもかなり早めに到着したはずが、お店のトラブルで駐車場に入ることができず、しばらく待機するハメに。その結果、抽選を受けられず、一般入場となってしまう。

 486番目の入場で、店内はほぼ満席状態。メイン機種だけでなくバラエティコーナーにも空きがなく、唯一ガラガラだった『沖トロ』に着席した。

 朝一は投資200枚、134Gで「REG」を引くが天国に移行せず、出玉はすぐに飲まれてしまう。次の当りも早めで186GにREGを引くが、今回も天国移行はなし。追加投資が進んでいく。

 その後も深いハマりはなくREGを引くが、なかなか天国に飛んでくれない。そして5回目は480GハマってREGに当選……。ここでも天国に移行せず、キツイ展開が続く。

 さらに、さらに6.7回目も天国移行はなく、8回目はおそらくスイカでREGに当選。そのボーナス後、天国ゾーン内の17GでREGに当選したが、その後は32G内のボーナスはなし。通常モードでたまたま早い当りを引いた可能性もあるが、一度もBIGを引けなかった上に2連で終了という、天国であれば最悪の結果だ。

 そんな手も足もでない展開に、友人の心は折れてしまったようで、引き戻しモードの天井200Gまで回し、実戦終了となった。

 朝からトラブルで抽選に参加できず、さらに投資1200枚、回収0枚という残念な結果だったが、『沖トロ』では良くあることなので仕方ないだろう。

 今回は何も起こせなかったが、天国や(超)ドキドキで連チャンしている時はとても面白い台なので、筆者も機会があれば打ちたいと思う。

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自身が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

【注目記事】

伝説の爆裂パチスロ4号機『吉宗』…設定6を超える夢要素が!?

パチスロ新台「BB711枚・1G連」など激アツ要素を6号機で再現!?

甘デジ新台「大当り一撃2400発」…CR機を彷彿とさせる出玉が50%で訪れる!!

パチスロ「朝一からトラブル」でボロ負け!? BIGを一度も引けない「終始地獄」となった最悪の展開とは…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合