NEW

伝説の爆裂パチスロ4号機『吉宗』…設定6を超える夢要素が!?

【この記事のキーワード】, ,

伝説の爆裂パチスロ4号機『吉宗』…設定6を超える夢要素が!?の画像1

 パチスロ分野で大きな存在感を放つメーカー大都技研。そんな同社は先日、爆裂タイトル『牙狼』と夢のコラボを実現させたパチスロ新台『牙狼-黄金騎士-』を発表し、大きな話題となりました。

 このコラムを綴っている9/27時点で、具体的なスペックは明かされていませんが、同社が誇る人気機種『押忍!番長3』のシステムが取り入れられている模様。設定6の機械割が119%を超える現役最強マシンのDNAが、10万発オーバーの出玉を叩き出す『牙狼』に反映される…。そう考えるだけで、本機に対する期待感は最高潮に達してしまいます。

『HEY!鏡』や『Re:ゼロから始める異世界生活』、『吉宗3』など、6号機でもヒット作を次々と生み出している大都技研。最新作となる『牙狼-黄金騎士-』も、ファンを歓喜へと導くような魅力に満ちたマシンに仕上げてくれるでしょう。

 熱い視線を浴びているそんな同社は、長きに亘ってパチスロ分野の第一線で結果を残してきた実力派メーカー。その歴史を振り返ってみると、やはり4号機時代の活躍は忘れることができません。

 先述した『押忍!番長』シリーズ初代の人気ぶりは凄まじかった印象。そんな人気機種のモデルとなった初代『吉宗』は、大量獲得機として空前の大ヒットを記録した名機中の名機です。

 前置きが長くなってしまいましたが、今回は偉大なる爆裂マシン初代『吉宗』に焦点を当ててお話したいと思います。

 念のためスペックのおさらいをしますと、本機は711枚を獲得可能なビッグボーナスをメインに出玉を獲得する大量獲得機。通常時は規定ゲーム数の到達のほか、純ハズレ・チャンス目・松・チェリーなどでRT強制解除(ボーナス放出)が行われます。

 また、本機には通常A・B・天国といったモードも存在。滞在している状態によってボーナス放出のゲーム数やビッグ・REGの比率も変化するという特徴がありました。これらには設定差があり、高設定ほど192G以内の連チャンとなる天国モードへ移行しやすい傾向があったのです。

 特に大きな設定差があったのは、引いた時点でボーナスが約束される「純ハズレ」の出現率。1/3276.8(設定1)~1/1092.26(設定6)となっております。ボーナス放出が薄いゲーム数での謎当りは本フラグの可能性が高く、同時に高設定の期待度もグッと上がる仕様でした。

 そして、本機が誇る最強の出玉トリガーといえばビッグボーナスの1G連。これに関しては設定差がなく、打ち手のヒキ次第で獲得出玉が大きく変化するという夢のある仕様となっていたのです。

伝説の爆裂パチスロ4号機『吉宗』…設定6を超える夢要素が!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合