NEW

初当りから「4500~10500発」を獲得できる!! 新台分析-パチンコ編-

【この記事のキーワード】, ,

初当りから「4500~10500発」を獲得できる!! 新台分析-パチンコ編-の画像1

 大手パチンコメーカー平和は、2021年も様々な新機種を生み出し活躍している。

 最近では強力な小当りRUSHを搭載した『P新鬼武者 DAWN OF DREAMS』や、高ループSTタイプに生まれ変わった『Pルパン三世~復活のマモー~ 219ver.』をリリース。どちらも好評稼働中だ。

 また、高い出玉性能と秒殺決着のスピード溢れるバトルが特徴の『Pバキ319ver.』を導入予定。平和が今後のホールを更に盛り上げてくれそうな気配だが…。

 そんな同社の激アツ新台は他にも存在する。長年に亘って愛され続けている国民的お菓子をパチンコ化。初当りから最大10500発を獲得可能な強烈な一撃を有した話題作が、間もなくホールへと降臨する。

『Pうまい棒4500〜10500』(アムテックス製)

■図柄揃い確率:約1/34.3
■おまけチャンス中図柄揃い確率:約1/2.2
■賞球:2&3&10&15
■ラウンド:10R
■カウント:10カウント
■リミット:3回
○○○

 通常時は役物内へ玉を入れ、最終地点にある回転体のCHANCE穴を目指すゲーム性。途中には「クルクル橋」「押し出し役物」「うまいプレス」といったギミックが待ち構えており、玉の動きを楽しめる仕様だ。

 これらを首尾よく突破すれば、約1/34.3の図柄揃い抽選を受けられる仕組み。大当りは全て10R・1500発となっており、初当り時は「10R・1500発×リミット3回分=計4500発」の払い出しが約束される(V入賞が条件)。

 リミット到達後には「おまけチャンス」へ突入。残保留「最大4回転」で構成されており、ここでは約1/2.2という破格の確率で図柄揃いを抽選。4回転全てが大当りとなれば、「1500発×4回=計6000発」の払い出しを受けることが可能だ。

 初当り分を加えた最大払い出し玉数は、驚異の10500発。他機種では味わえない興奮と感動、そして一撃を堪能することができる仕上がりとなっている。

 注目の演出面に関しては、通常時は「うまい棒」の特色を活かした「うまい味」「エキスパート味」「パトランプ味」「ハイビスカス味」「開封味」「爆音味」「大人味」の全7種のモードが選択可能。打ち手の好みに合わせて演出を楽しめる点も魅力であろう。

『Pうまい棒4500〜10500』の導入予定日は10月4日。国民的お菓子とのタイアップ機が、ボリューム満点の出玉感とドキドキ・ワクワクを提供してくれる日は近い。

【注目記事】

伝説の爆裂パチスロ4号機『吉宗』…設定6を超える夢要素が!?

甘デジ新台「大当り一撃2400発」…CR機を彷彿とさせる出玉が50%で訪れる!!

パチスロ「朝一からトラブル」でボロ負け!? BIGを一度も引けない「終始地獄」となった最悪の展開とは…

初当りから「4500~10500発」を獲得できる!! 新台分析-パチンコ編-のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合