NEW

JRA【観戦記】サクラバクシンオーに日本競馬の未来を見た1994年スプリンターズS(G1)

JRA【観戦記】サクラバクシンオーに日本競馬の未来を見た1994年スプリンターズS(G1)の画像1

 JRAで2つしかないスプリントG1のスプリンターズSは、高松宮記念よりも歴史の深いレースである。創設されたのは1967年で当初はハンデ重賞からスタート。その後グレード制が始まった1984年にG3となり、1987年にG2、そして1990年からG1レースとして施行されるようになった。

 G1格上げ以前は3月の中山、G1格上げ後は有馬記念の1週前に行われていたが、高松宮記念(高松宮杯)が芝1200mのG1レースに格上げとなる番組改編の影響で、2000年から4回中山最終週、つまり秋競馬最初のG1レースとして行われるようになったのである。

 過去の優勝馬はニシノフラワー、フラワーパーク、タイキシャトル、ヒシアケボノ、ビリーヴ、カレンチャン、レッドファルクス、ロードカナロア、グランアレグリアなど日本の短距離界を賑わせた快速馬がズラリ。

 その中でも、どのファンにとっても忘れられない存在が1993年と1994年で連覇を果たしたサクラバクシンオーであろう。

 同馬の父サクラユタカオーは天皇賞(秋)をレコードタイムで勝利するなど、中距離で活躍した名馬。その血を受け継いだサクラバクシンオーは、境勝太郎厩舎で管理されデビューから類まれなるスピードを見せつけた。

 新馬戦の中山ダート1200mを1分11秒8で圧勝、そして3歳春の芝1200m重賞クリスタルカップ(G3)を勝利。適距離とは言えなかったマイル戦以上では結果が出なかったが、1200~1400m戦に関して言えば3歳(当時4歳表記)で挑戦したスプリンターズSで6着に敗退した以外はすべて勝利、12戦11勝という結果を残している。

 今のように高松宮記念や香港スプリント、そしてサマースプリントシリーズがなく、また1200mの重賞レースも少なかったのだから、現代に産まれていれば、どれほど多くのビッグレースを勝利しただろうか……。

 サクラバクシンオーが初めてスプリンターズSを勝利したのは古馬になった4歳暮れの1993年12月。1番人気はその年の安田記念と天皇賞(秋)を制したヤマニンゼファーだったが、同馬に影も踏ませず先行押し切りで快勝。2着ヤマニンゼファー、3着ニシノフラワーという結果だった。

 そして忘れもしない、今も脳裏に焼き付く衝撃のレースが、1994年のスプリンターズSである。

 サクラバクシンオーにとって引退レースでもあったこのスプリンターズSは、この年より国際競走に認定され、外国から3頭の強豪が出走。その大将格アメリカのソビエトプロブレムは、ここまで18戦14勝、そしてブリーダーズCスプリント(G1)で2着の実績もあり、開放初年度から「最強外国馬が来日」と大きな話題になった。

 同じくアメリカから来日し、岡部幸雄騎手が騎乗したオナーザヒーロー、京王杯SC(G2)で2着の実績があり武豊騎手が騎乗したイギリスのザイーテンが揃い、まさに国際競走に相応しい顔ぶれとなったのである。

 1981年に創設された国際招待競走のジャパンC(G1)は、当初日本馬がまったく歯が立たず、一流とは言えない外国馬が勝利していた。そういった経緯もあり、このスプリンターズSも外国馬に大きな注目が集まったが、蓋を開ければ1番人気はサクラバクシンオー。やはり地の利は大きく、1200m戦と鞍上・小島太騎手への信頼もあり、日本最強スプリンターとして堂々の支持を集めた。

 また当時の出走馬はさらに個性的な面々が揃った。

JRA【観戦記】サクラバクシンオーに日本競馬の未来を見た1994年スプリンターズS(G1)のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?