NEW

JRAスプリンターズS「29年ぶり」の珍事!? グランアレグリア不在でダノンスマッシュ、レシステンシアらが“関東ジャック”

JRAスプリンターズS(G1)「29年ぶり」の珍事!? グランアレグリア不在でダノンスマッシュ、レシステンシアらが関東ジャックの画像1

 10月3日、中山競馬場で行われるスプリンターズS(G1)。ファン待望の秋のG1シリーズ開幕戦として注目を集める「電撃の6ハロン戦」だが、今年の出走馬は関東馬が一頭もいないという“珍事”となってしまった。

 ネット上では「関西馬に(中山競馬場の)場所を貸すだけ」、「関東馬がいないなら中京で開催すれば?」といった皮肉なコメントが散見されるなどの“異常事態”が発生。長い歴史と伝統を誇るG1レースの関東馬出走“ゼロ”は、2015年のフェブラリーSまで遡り、芝のG1に限定すると1992年のジャパンC以来となる、実に29年ぶりのレアケースである。

 そもそもスプリンターズSに出走登録していた22頭のうち、関東馬はカイザーメランジェとショウナンバビアナの2頭だけだった。共に除外となって関東馬の出走は叶わなかった経緯がある。

JRAスプリンターズS(G1)「29年ぶり」の珍事!? グランアレグリア不在でダノンスマッシュ、レシステンシアらが関東ジャックの画像2
グランアレグリア 撮影:Ruriko.I

 昨年、このレースを制した関東馬の大将格グランアレグリアが中距離路線に進んだことで、セントウルS(G2)優勝でスプリンターズSの優先出走権を獲得したレシステンシアをはじめ、今年の短距離路線の中心となっていたのは関西勢であることは否めない。

 今回出走するダノンスマッシュやモズスーパーフレア、クリノガウディーらはここ1年の短距離路線ではおなじみのメンバーであり、新興勢力となるピクシーナイトやメイケイエールの3歳勢も、すべて栗東所属馬という現状だ。

 いわゆる「西高東低」の傾向は、今に始まったことではない。

 歴史を振り返れば、1985年に栗東トレセン内で坂路コースが完成してから関西馬の活躍が目立つようになり、東西馬が激突するグレードレースでも好結果を出すようになった。事実、その3年後の88年には、年間の勝利数で関西馬が関東馬を逆転。こうした背景から、93年には美浦トレセン内にも坂路コースが新設されたという経緯がある。

 ところが美浦の坂路を訪れた関西の騎手たちは「いつから坂路が始まるのかと思ったらゴールだった」と口にするほどの低勾配。つまり坂路でありながら、その勾配差が感じられないほどのお粗末な造りだったという笑い話もあったといい、「美浦に栗東と同じ坂路を作ったからといって、現在の東西格差が一朝一夕に解消するものではない」と、関東を代表する名伯楽・国枝栄調教師は、自身の著書『覚悟の競馬論』で見解を述べている。

 こうした調教師たちの声を受けて、JRAは2018年に美浦トレセンの大規模改修に着手。19年には同トレセン内のウッドチップコースの改修工事が完了するなど、徐々にではあるが、美浦トレセンは生まれ変わりつつある。

 その大規模改修の目玉のひとつに挙げられた、新坂路コースの完成目標は22年と来年に迫った。もちろん坂路コースが刷新されれば関東馬が強くなるとは限らないが、先のウッドチップコースの改修を含めて、関東馬の総合的なトレーニング効果が高まることへの期待は膨らむ。

 インターネット投票が当たり前となり、在宅競馬が定着して、急増したといわれる競馬ファン。『netkeiba.com』の発表によれば、先週のオールカマー(G2)の売上は67億円を超え、昨年からおよそ21億円も増加したという。当然、秋のG1開幕戦のスプリンターズSでも売上増が予想されるなかでの関東馬不在は、やはり競馬ファンにとっては寂しい事態だ。

 新たなファンが増加傾向にある今こそ、その熱を冷まさないためにも、30年以上も続く東西格差が一日でも早くなくなることに期待したい。

(文=鈴木TKO)


<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRAスプリンターズS「29年ぶり」の珍事!? グランアレグリア不在でダノンスマッシュ、レシステンシアらが“関東ジャック”のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?