NEW

甘デジ「100%ST」の覇権タイトルは2ケタ連も余裕!?

【この記事のキーワード】,

甘デジ「100%ST」の覇権タイトルは2ケタ連も余裕!?の画像1

 結局、持ち玉を3000発ほど減らしていた前回。玉を減らすのは簡単だが増やすのが難しい、パチンコ下手くそあるあるである。あるあるというか、もうただの事実だが9月も終わりになるので、なんとか1万発台には回復させたい。

 今日、最初の機種は『Pフィーバー機動戦士ガンダム逆襲のシャア Light ver.』から。一部のネット界隈では、この「逆シャア」に対するホールオリジナル制作のあらすじが味わい深いと話題になっていたが、意味不明に連チャンしてほしいものである。

 59回転、粛清保留、逆襲ゾーンから νガンダムvsα・アジールリーチに発展し大当りし、勝負となる「逆襲RUSH獲得チャレンジ」&「クライマックスアタック」へ。

 時短を華麗にスルーで、迎えた残保留4個の攻防。赤パネルが2つも出現する激アツのパターンに胸を躍らせるなか、見事にアクシズ落下を阻止し、PREMIUM逆襲RUSHへの突入に成功した。

 よーし、これで2連は濃厚。あとはどこまで連チャンを伸ばせるかマッチだと気合を入れたものの、次の時短5回転+残保留4個、選択したのはシャア粛清モードだが、煽りばかりでリーチがかからず。

 なんとか4回転目にテンパイさせるもボタンは通常。押しても空かしの大ハズレ。結局、最初の1発でRUSHが終了してしまった。いやー、これはキツい展開である。RUSH入ったのにこの結果は士気だだ下がり。

 ただ、50%の壁を破ってRUSHに突入したのは好印象。2匹目のどじょうを狙うべく、ほぼ同じようなゲーム性の『PモモキュンソードGC250A』を次の台として打つことに。

 しかもこちらは右打ち中の半分が10ラウンドになるので、RUSH突入時の出玉感により期待が持てる。あと、時短が3回転長い分、なんかやれそうな気にもなる。

 と、ふんわりした作戦で挑んだものだからか、RUSH突入をかけた「酒呑童子バトルでは5HITだの6HITだのショボい攻撃ばかりでまったく勝てる気がせず、案の定、突破は叶わなかった。

 もう今日はこの手の機種に望みはないと1種2種混合機を避け、安定感のある定番甘デジにターゲットを絞ることにした。選んだマシンは100%STの覇権タイトル『Pフィーバーパワフル』である。

 とりあえず、すぐに当てて2、3連してくれれば御の字だと打ち始めたのだが、望みどおり18回転で初当りを引き当てることに成功。しかし、1ライン大当りで3ラウンド電サポ25回の1番よろしくない当りとなった。

 肝心のSTでリーチが一切かからず、ダメだこりゃと諦めかけた20回転目で、レバブル先読みから見事に時短引き戻しを決め、なんとか復活を果たすと、ここから怒涛の8連チャン。

 最大出玉となる10ラウンド約1000発も2度決めるなど、これまでの鬱憤を晴らす大爆発で捲りマクリスティとなったのである。


【F店】
・今回のトータル出玉 +3607発(シーズン総収支 +10265発)
・実戦機種 3台(計41台/50台)

これまでの結果
A店【実戦機種26台、コンプリート(大当りさせた)台、16台/33台中・収支 -12249発】
B店【実戦機種21台コンプリート、収支 -16314発】
C店【実戦機種40台コンプリート、収支 +3917発】
D店【実戦機種20台コンプリート、収支 +12249発】
E店【実戦機種20台コンプリート、収支 -803発】

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】

甘デジ確率「3分・50%で2400発」…超アツ新台の必見情報!!

パチスロ新台「激アマ新時代」を切り拓くビタ押しマシン!【新台分析―パチスロ編―】

「大当り=最大7000発」マシンに続く「まさかのパチンコ化」で人気を博した異色作!!

甘デジ「100%ST」の覇権タイトルは2ケタ連も余裕!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合