NEW

JRA【スプリンターズS(G1)予想】ダノンスマッシュはバッサリ切り! 2週連続的中のカギを握るのは末脚爆発の超穴馬!?

JRA【スプリンターズS(G1)予想】ダノンスマッシュはバッサリ切り! 2週連続的中のカギを握るのは末脚爆発の超穴馬!?の画像1

 今回は3日に開催される秋のG1開幕戦、スプリンターズS(G1)を予想していきたいと思う。

 先週のオールカマー(G2)は◎→△→△で的中。予想通り、と言っていいレイパパレは4着に沈んだ。2番手追走から直線に入って伸びず。レースペースもスローだったので、どちらかと言えば先行勢有利だったはず。

 やはり、見立ての通り宝塚記念(G1)3着までが能力の絶対値だったのだろう。次走はエリザベス女王杯(G1)を予定しているようだが、運が向けば好走もあると見ている。

 さて、スプリンターズSの予想に戻ろう。

まず過去10年、馬券対象30頭の前走から。
セントウルS 12頭
キーンランドC 8頭
安田記念 3頭
北九州記念 2頭
高松宮記念、ヴィクトリアマイル、函館スプリントS、CBC賞、オープン特別 各1頭
となっている。

 今ではあまり見かけない間隔だが、セントウルS(G2)から中2週のローテーションで参戦してくる馬の好走例が多い。この間隔の詰まりを嫌って前哨戦にキーンランドC(G3)を使ってくる陣営も多く、それがこの数字なのだろう。

次に人気別の成績だが、
1番人気 5−1−1−3
2番人気 2−3−0−5
3番人気 2−2−0−6
4〜6番人気 0−1−1−28
7〜9番人気 0−1−5−24
10番人気以下 1−2−3−64
となっている。

 1番人気が手堅く馬券になっているのはともかく、意外にも10番人気以下が善戦している。

 過去5年に絞ってみると、1番人気は3勝3着1回だが、10番人気以下が2着1回3着2回とやはり好走傾向にある。次いで3番人気が1勝2着2回とこちらも好走傾向だ。

JRA【スプリンターズS(G1)予想】ダノンスマッシュはバッサリ切り! 2週連続的中のカギを握るのは末脚爆発の超穴馬!?の画像2
レシステンシア 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて、「◎」は12番レシステンシアとする。

 ローテーションも傾向として一番手堅いセントウルSからの参戦で、その内容もいい。メンバーを見渡しても春の高松宮記念(G1)とほぼ同様。多くは勝負づけが済んだメンバーだけに、ここは負けられない1戦だ。

 ここ5年で逃げ・先行が勝利していないのは気がかりだが、馬券には絡んでいるので、軸として信頼できる。陣営は初の中山コースにやや懸念を感じているようだが、高松宮記念も初の中京コースでクビ差2着。能力で乗り越えられるのではないか。

「○」だが、10番のエイティーンガールを指名する。

 好走例が多いキーンランドCからの参戦というのがいい。また先行勢が多いメンバーの中で、差し・追い込みで相応に成果を出しているのも推せるポイントだ。上述した通り、過去5年に絞っても先行勢は2着3着まで。キーンランドCは追い込み勢の中で唯一連対したところから、展開次第ではあるがチャンスはあろう。

 陣営は気性の面からも輸送競馬に懸念を抱いているようだ。確かに昨年もキーンランドCを勝利してのスプリンターズS参戦だったが、末脚不発の11着に終わっている。だが、逃げ・先行がこれだけそろったメンバーであればハイペース必至。前総崩れからの一発は期待できると見る。

JRA【スプリンターズS(G1)予想】ダノンスマッシュはバッサリ切り! 2週連続的中のカギを握るのは末脚爆発の超穴馬!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!