NEW

JRA【毎日王冠(G2)展望】安田記念覇者ダノンキングリーが始動! 3歳マイル王シュネルマイスターはC.ルメールと再コンビで「0秒1差」逆転狙う

JRA【毎日王冠(G2)展望】安田記念覇者ダノンキングリーが始動! 3歳マイル王シュネルマイスターはC.ルメールと再コンビで「0秒1差」逆転狙うの画像1
ダノンキングリー 撮影:Ruriko.I

 10日には、東京競馬場で毎日王冠(G2)が行われる。天皇賞・秋(G1)やマイルCS(G1)へもつながる重要な一戦には今年も好メンバーがそろいそうだ。

 人気を集めるのはダノンキングリーとシュネルマイスターの2頭で間違いないだろう。どちらも今春のマイルG1を勝った実力馬である。

 ダノンキングリー(牡5歳、美浦・萩原清厩舎)は、皐月賞(G1)で3着、日本ダービー(G1)では2着と、3歳時からG1戦線で活躍してきた。2走前の天皇賞・秋では最下位12着に敗れ、それ以来となる7か月ぶりの実戦となった前走・安田記念(G1)は8番人気まで評価を下げていた。

 グランアレグリアが1.5倍という圧倒的支持を得た一戦で、ダノンキングリーとテン乗り川田将雅騎手は中団やや後ろというポジションから直線外に持ち出すと、最後はグランアレグリアとの激しい追い比べを制した。

 ダノンキングリーにとって7度目のG1挑戦で悲願達成をエスコートした川田騎手。同レースには川田騎手のお手馬で、同じダノン軍団のダノンプレミアムも出走していたが、川田騎手が選択したのは人気で下回るダノンキングリーだった。

 萩原調教師は「ジョッキーが現状の力を把握して、その能力を十分に発揮してくれました。今日の勝因はジョッキーの好騎乗です」と川田騎手の手腕を称賛。「距離については対応できると思いますが、まだ本来の適性はつかめていません」と今後の路線についての明言は避けた。

 この秋は無難に1800m戦から始動する。これまで3戦3勝と同馬にとってベストともいえる距離である。萩原調教師からは毎日王冠の内容次第で、先のことを考えるという趣旨の発言も出ているが、G1馬として無様な競馬はできない。

JRA【毎日王冠(G2)展望】安田記念覇者ダノンキングリーが始動! 3歳マイル王シュネルマイスターはC.ルメールと再コンビで「0秒1差」逆転狙うの画像2
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 そのダノンキングリーと安田記念で対戦し、3着に好走したシュネルマイスター(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)も、秋の始動戦をここで迎える。

 昨年9月のデビューからまだキャリア5戦。3戦2勝で臨んだ今年5月のNHKマイルC(G1)ではグレナディアガーズに次ぐ2番人気に支持された。テン3ハロンが33秒7という淀みないペースのなか、中団9番手という位置取り。最後の直線では先に抜け出したソングラインとの一騎打ちとなったが、ハナ差でこれを制し、4戦目で3歳マイル王に輝いた。

 その後は安田記念で古馬に挑戦。ダノンキングリーと0秒1差、2着のグランアレグリアとは半馬身差と力を示した。

 1800mは初めてとなるが、デビュー2連勝で臨んだ弥生賞(G2)ではタイトルホルダーの2着と2000mをこなしている。陣営は皐月賞(G1)出走も視野に入れていただけに、距離を不安視する必要はないだろう。

 安田記念では横山武史騎手が代打を務めたが、今回は再びC.ルメール騎手に手が戻る。NHKマイルC後には「まだ柔らかい馬で子供っぽいところはありますが、能力は絶対あると思います。さらにパワーアップしたらハイレベルで勝てると思います」と、さらなる伸びしろにも期待が持てそう。ひと夏を越えて、パワーアップした姿を見せてくれるだろうか。

JRA【毎日王冠(G2)展望】安田記念覇者ダノンキングリーが始動! 3歳マイル王シュネルマイスターはC.ルメールと再コンビで「0秒1差」逆転狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】